ユニファイド コラボレーション UC

ユニファイド コラボレーション UC とは?

様々なコミュニケーションツールがネットワーク上で統合され、それらが効率的に活用され、個人・組織・企業の課題を解決する、ということがユニファイドコラボレーションの考え方となります。
電子メール、インスタントメッセージ、Web・ビデオ会議など、これまでは各ツールごとに異なるインフラ上で動作し、各ツールは連携されず、ユーザに有効活用されていませんでした。ユニファイドコラボレーションの環境では、分散されていたコミュニケーションツールを統合することで、UCツールが連携して動作する統合ソリューションと言えます。
自分の居場所にかかわらず、最適な手段でコミュニケーションが可能となり、従来になかった新しいワークスタイルを実現します。

ユニファイド コラボレーションの特徴

ユニファイドコラボレーションでは仮想化された基盤の上で各種コラボレーションアプリが動作します。このコラボレーションアプリにはTV会議端末、スマートデバイス、VDI端末、IP電話と様々な端末からアクセスしてコラボレーションが可能となります。これによりユーザーは何時でも、何処でも、誰とでも、端末を問わずコラボレーションが可能となります。

ユニファイド コラボレーションの特徴

ユニファイド コラボレーションのコンポーネント

ネットワンシステムズが提供するユニファイドコラボレーションは、大きく4つのコンポーネントで構成されています。

  • シスコのビジネスタブレット「Cisco Cius」や、iPhone/iPad、Androidといったスマートデバイスによる“Mobile Communication”。
  • IP電話や、プレゼンス・IM・音声・ビデオ機能を統合したコラボレーションクライアント「Cisco Jabber」による“Desktop Communication”。
  • いつでも、容易な操作で高品質・自然なコラボレーションを実現する“Visual Communication”。
  • “NetOneSystems Solution”として、IP-PhoneやCisco Ciusに対してテキスト・図・音声等のデータ配信機能を提供する弊社独自開発アプリケーション「Collaboaxl」、「N-Calls」というサービス名でUCシステムの監視、運用、保守のマネージドサービスを提供しております。

事例・コラム

弊社社員が作成した、ユニファイドコラボレーション(UC)に関する事例・コラムをご紹介いたします。

関連コラム

UC on UCS ~ Cisco UCアプリケーションの仮想化における設計とポイント
Cisco UCアプリケーションを仮想環境にて最適化するための設計のポイントを分かり易くガイドします。

ソリューション/
サービス

pagetop