IP電話の高い経済性と利便性、将来性を考え、導入を決定

企業名

秋田県横手市

概要

便利でスムーズな市民サービスを実現するため、IP電話を設置

横手市は平成17年10月1日に旧横手市、増田町、平鹿町、雄物川町、大森町、十文字町、山内村、大雄村が合併し誕生しました。冬には多くのかまくらが観光客を出迎え、春は満開の桜が目を楽しませてくれます。1市5町2村という多様な自治体が合併し、10万人を超える大所帯となった横手市。8つの市町村で、広域かつ巨大なネットワークシステムを構築し、IP電話を導入した経緯には様々な苦労があったという。

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください(1,799KB)

Webからのお問い合わせ、ご質問はこちらから
お問い合わせ窓口へ

イベント/レポート

pagetop