中期計画

2020~2022年3月期 中期3カ年計画 Medium-Term Business Plan

1. 経営方針

ネットワングループは、2019年4月にスタートする2020年3月期から2022年3月期までの3年間を対象とした中期計画を策定しました。当社グループの経営理念は、「ICTの利活用を通じて、社会変革へ貢献する」です。ICT市場の変革に対応し、高付加価値を創出するために、以下3つの成長に取り組みます。

  1. (1) お客様・パートナーの成長:価値共創

    当社グループは、お客様やパートナーの成長を支援し、認めていただける企業になる必要があります。そのために、お客様の生産性向上に貢献する「統合サービス事業」によって、新たな価値を共に創出します。

  2. (2) 会社の成長:独創力

    お客様やパートナーの成長のためには、当社グループが成長する必要があります。そのために、生産性向上に向けた抜本的な改革に取り組むとともに、この経験を、既存市場及び「注力市場・新モデル」の提案にも大きく活かすことで、独自の価値を作り続けます。

  3. (3) 社員の成長:自創力

    当社グループの成長には、社員個々の成長が必須です。社員それぞれが自律的にイノベーションを創出できることを目指し、「働き方改革2.0/DX」と称した新しいICT利活用の知見を蓄積するとともに、創造力・応用力の強化に向けた教育プログラムを策定・展開します。

2. 事業環境

現在、ICT市場は変革期に入っています。米国を中心とするクラウドサービス事業者が急激に成長し、ICTメーカーの製品はハードウェアからソフトウェア中心へと大きく変革しています。
お客様も、ICTを事業変革の中核として捉えるように変わり、デジタル化や働き方改革等が重要な投資目的となりつつあります。

このように変革する市場において、当社グループは高度なネットワーク技術を核として、事業領域をクラウド基盤構築やセキュリティ対策へと拡大してきました。今後は、お客様の成長を支援する価値を共に創出する、新たな付加価値を提供できる会社へと、より一層の変革を進めてまいります。

エンタープライズ・パブリック向けでは、クラウドの利用が拡大するとともにセキュリティの重要性が高まっています。働き方改革やスマートファクトリーなどICT利活用が進展するなか、課題解決の仕組み作りとインフラの統合的な管理運用、さらなる最適化に向けた計画の策定など、ICT利活用を推進するサービスの提供が求められています。

3. 基本戦略

中期成長戦略の3つの成長を実現するために、以下3つの基本戦略に取り組みます。

  1. (1) 注力市場・新モデルの拡大:市場カバレッジの拡張

    「統合サービス事業」が真価を発揮する市場やお客様に注力して成長を図ります。既存市場では、引き続きクラウド利用やセキュリティ強化に向けたソリューションを開発して事業を拡大します。新市場では、ICT化の進展が見込める「ヘルスケア」「教育」「スマートファクトリー」の3市場への提案を強化します。また、新モデルとして効率よく中小規模企業へビジネスを展開できる「MSP(マネージド・サービス・プロバイダー)の支援」、価格競争力と収益性を高める「リファービッシュメント(再生品)の展開」に取り組みます。

  2. (2) 統合サービス事業の加速:サービス比率の拡大

    お客様に向けた活動のすべてを「統合サービス事業」と定義し、ICTライフサイクルを支援しています。新たな付加価値の創出に向けてカスタマーサクセス(お客様の事業の成功)の視点を導入します。また、複数のクラウドを安全に活用できるソリューションの開発、キャピタルサービス等による「所有から利用」への移行支援など、サービス比率の拡大を目指します。

  3. (3) 働き方改革2.0/DXの実践:生産性の向上

    2010年より、いつでも・どこでも働ける環境を「働き方改革1.0」と称して実現してきました。この取り組みをさらに加速し、全ての業務をシステムと一体化させて生産性向上を図る「働き方改革2.0/DX」を推し進めます。さらに、この改革における成功と失敗の経験をリファレンス化(参考事例化)した「netone on netone」による実践的な解決策をご提供し、お客様の満足度向上を目指します。

4. 目標数値

中期計画で掲げた3つの成長、3つの基本戦略によって高付加価値を実現する企業への変革を図り、注力市場及び新モデルによって3年目には売上高250億円を創出し、既存市場の成長とあわせて、売上高のさらなる成長を目指します。最終年度の2022年3月期には売上高2,200億円、営業利益210億円、営業利益率9.5%、サービス比率50%、ROE16.8%の達成を目指します。

当社グループは、「すべてのステークホルダーから信頼され支持される企業」を目指し、新たな価値の創出に挑戦し続けることで、企業価値の向上に努めてまいります。

ページトップへ

IR情報

  • 総合ランキング「最優秀サイト」ロゴ
pagetop