It is the top of the page

Link for moving within the page
To text (c)

このウェブサイトではサイトの利便性の向上のためにクッキーを利用します。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用にご同意いただきますようお願いします。
お客様のブラウザの設定によりクッキーの機能を無効にすることもできます。詳細はこちら

The main part starts here.

  1. CSR

ダイバーシティ&インクルージョン

基本方針

ネットワングループは、多様性の融合によるシナジー効果とイノベーションの創出を目的として、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。性別、年齢、国籍、障がいの有無、さらには職務経験や価値観など、あらゆる違いを超えて社員が活き活きと働ける職場環境を整備することで、様々な"個"の力を引き出し、生産性向上と継続的成長を目指します。

ダイバーシティ推進体制

ネットワングループのダイバーシティ推進は、経営層の強いコミットメントから始まりました。
まず、2013年にHRC(重要な人事施策を検討し提案する委員会)の内部組織として「ダイバーシティ・ワーキンググループ」が設立され、政府の成長戦略「202030」や厚生労働省の「ポジティブ・アクション」に向けた施策の検討をスタート課題として活動を開始しました。そして翌2014年、ネットワングループのダイバーシティ推進をリードしていくことを目的に、経営委員会の諮問委員会として「ダイバーシティ推進委員会(DSC:Diversity Steering Committee)」が正式に発足しました。
1st Stepとなる初年度は「ジェンダー・ダイバーシティ」を、2nd Stepとなる 2015年度からは多様性への理解促進を図る「ダイバーシティ&インクルージョン」への取り組みを開始し、現在も継続した活動を行っています。
3rd Stepとなる2021年度からは国籍、LGBT、シニア介護、障がい、キャリアなど具体的に取り組むテーマを明確化し個の力を融合し新たな価値を生み出せる組織へ向けて活動を強化しています。

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組み

社内への活動の推進と啓蒙

社員一人ひとりのダイバーシティ&インクルージョンへの理解浸透と組織風土の変革を目的に社内へ向けた様々な活動を行っています。

  • ダイバーシティ推進Week(全社イベント)の実施
  • 経営層による社員に向けたメッセージ配信
  • 推進メンバーによるコラム配信
  • 管理職向けセミナー(社外講師)

女性の活躍支援・育児支援

ネットワンシステムズは「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)に基づき、行動計画を策定しました。

詳細としては、2030年までに役職者に占める女性割合を15%とすることを目標に女性の活躍推進に向けたマネジメント層の意識改革研修や女性社員の自律的なキャリア意識を高めることを目的としたキャリアデザイン研修等の活動を進めています。
また、育児に焦点を当て、男性社員にもっと積極的な育児への参加を促す長期の出産慶弔休暇を取得できるようにしました。長期休暇は出産直後の家族のケアや子どもとの触れ合いが増え、ワークライフバランスの向上の一助となっています。
この休暇制度導入以降は毎年対象者の約7割の男性社員がこの休暇を利用しています。

  • 上司の意識改革研修
  • ダイバーシティ研修
  • 出産・育児経験者との情報交換会
  • NPO法人J-winを通じた女性活躍推進活動

■女性社員の推移

【グラフ】女性社員比率

■男性育児休業取得率

【グラフ】男性育児休業取得率

"働き方改革"=「netone on netone」

ネットワンは働き方改革をまず自らが実践し、そこから得られた経験や知見をお客様の共通課題として捉え、付加価値として提供することでお客様と共に成長したいと考えています。(netone on netone)
テレワーク主体の働き方へ移行するなか、働く時間と働く場所の双方を柔軟にした人事制度を導入し、
個々のライフスタイルや価値観・仕事観が多様化する中で、ワークライフバランスを維持しながら効率的に成果を創出できる環境の整備に取り組んでいます。

また次世代育成支援対策推進法に基づき、ワークライフバランスの向上、社員の働きやすい環境の整備の実現に向けて、行動計画を変更・策定しました。

導入している制度と各制度の概要

●テレワーク制度

自宅や外出先等での勤務を原則としたテレワーク主体の働き方を基本とする

●フレックスタイム制度

自律した業務計画を行うことを前提に、社員が自身の働く時間を柔軟に設定が可能

●ワークセレクト制度

①エリアセレクト 自ら勤務地を限定することでワークライフバランスの向上を実現する
②タイムセレクト 1か月の所定労働時間未満で勤務する制度
③ジョブセレクト 育児・介護等の理由により、下位グレード・クラスへ格付け変更することで、期待役割を制限する制度

●マルチジョブ制度

社会の変化に応じて多様な働き方を実現し、社員と会社とがともに 成⻑していくための複業制度

●勤務地変更制度

所属部門の拠点から離れた場所に居住し、最寄り事業所を「自拠点」として 必要に応じ通勤する働き方

●両立支援

育児休業制度、育児・介護休業中の短時間勤務制度、子の看護休暇、ストック休暇(子の看護用途)、出産特別休暇、介護休業制度、介護休暇

■テレワークの活用率

【グラフ】就労環境(出社率およびテレワーク活用率)

シニア人財の活躍支援

シニア世代へのキャリア形成支援として様々な制度の導入や活動を行っています。
人生100年時代と言われる中で、知識やノウハウを後進へ伝承することを期待し、組織のさらなる成長・活性化を実現するために、制度を整備しております。

  • キャリアデザイン研修
  • 継続雇用制度:一定の条件を満たす場合、65歳以降に継続雇用される制度
  • セカンドキャリア支援制度:一定の条件を満たす場合、セカンドライフの準備期間として、年次有給休暇取得日数を含め最大1年間の有給休暇を付与する制度

仕事と介護の両立支援

介護離職はいまや大きな社会問題となっています。
当社においても高齢の両親を持つ社員が多く、介護を理由とした離職増加が懸念事項の一つとなっています。
このような状況への対策として、介護に関するセミナー(介護基礎セミナーや介護保険制度についてのセミナー等)の定期的な実施、相談窓口を設置しています。また、介護を理由とした短時間勤務制度、介護休業も通算して365日取得可能とするなど、法定を上回る社内制度を整備しています。
介護に直面しても、多様な働き方を選択できる人事制度を活用し、仕事と介護を両立できる職場環境を整えてまいります。

社会からの評価

【写真】テレワーク推進賞

2016年1月 日本テレワーク協会第16回
「テレワーク推進賞」奨励賞を受賞

【写真】テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)

2015年11月 厚生労働省
「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」
「特別奨励賞」を受賞

2021 CONSTITUENT MSCI日本株 女性活躍指数(WIN)
MSCI日本株女性活躍指標(WIN)の構成銘柄選出

ネットワンシステムズのMSCIインデックスへの組み入れ、及びここでのMSCIロゴ、商標、サービスマークまたはインデックス名の使用は、MSCIまたはその関連会社によるネットワンシステムズのスポンサーシップ、推奨または宣伝を意味するものではありません。MSCIインデックスは、MSCIの独占的財産です。MSCI及びMSCIインデックスの名称とロゴは、MSCIまたはその関連会社の商標またはサービスマークです。

【画像】「くるみん」マーク

2013年厚生労働大臣認定
「くるみん」マーク取得

【画像】女性が活躍しています!

2017年8月 えるぼし認定(2段階)を取得