製品/サービス ネットワンシステムズ、米国SeaMicro社の10RUのシャーシ内に64個のクアッドコアIntel(R) Xeon(R)プロセッサを搭載した業界最高クラスの高集積度・省電力・省スペース新サーバ「SM10000-XE」を発売

~稼働するアプリケーションに応じて、柔軟なプライベートクラウド基盤と、SM10000ファミリによる大規模アプリケーションサービス基盤を選択して提供可能に~

ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行、以下ネットワンシステムズ)は、データセンターの大きな課題となっている消費電力・機器設置スペースを劇的に削減するサーバを開発するSeaMicro Inc.(シーマイクロ、本社:米国カリフォルニア州、CEO:Andrew Feldman、以下SeaMicro)製の、業界最高クラスの高集積度・省電力・省スペースを実現した新Xeon(R)サーバ「SM10000-XE」を、本日より発売いたします。
 「SM10000-XE」の主な販売対象として、インターネットポータル・オンラインゲーム・データ分析・仮想デスクトップサービス・パブリッククラウドサービスなどの大規模なアプリケーションサービスを提供する企業・組織を想定しています。売上目標は今後3年間で、SM10000ファミリ合計で30億円です。

製品名 発売時期 最小構成価格
SM10000-XE 2月14日 1,900万円~(税込)

「SM10000-XE」は、高さがわずか10RU(約44.5cm)のシャーシの中に、低消費電力かつ高性能なサーバ向けプロセッサ「Intel(R) Xeon(R) Processor E3-1260L」(4コア 2.4GHz、ハイパースレッディング対応、TDP 45W)を64個搭載するとともに、最大2TBのメモリ、ストレージ、スイッチ機能、負荷分散機能、サーバ管理機能といった、データセンターに必要な機能を集約して搭載しています。
これによって、同程度の性能のCPUを搭載したラックマウント型サーバと比べて、消費電力を1/2に、設置スペースを1/3に削減するとともに、12倍のネットワーク帯域を提供します。

「SM10000-XE」は、CPU性能・メモリ搭載量・ネットワーク帯域のバランスにおいて、大規模なアプリケーションサービス基盤にパフォーマンスが最適化されたアーキテクチャを備えています。
ネットワンシステムズは既に、フロントエンドWebサーバ用途として、超低消費電力の32bit-Intel(R) AtomTM Z530(1コア)プロセッサを512個搭載した「SM10000」、64bit-Intel(R) AtomTM N570(2コア)プロセッサを256個搭載した「SM10000-64」、及び、同プロセッサを384個搭載したSM10000ファミリ最大の集積度を誇る「SM10000-64HD」を発売しています。
今回、製品ポートフォリオにIntel(R) Xeon(R) E3プロセッサを搭載した「SM10000-XE」が加わることによって、フロントエンドWebサーバのみならず、アプリケーションサーバからデータベースサーバの一部まで領域を拡張してSM10000ファミリでカバー可能になり、より省電力・省スペースなデータセンターの構築が可能になります。

この度の「SM10000-XE」によるSM10000ファミリの拡張によって、プライベートクラウド基盤をご要望のお客様にはCisco Unified Computing Systemを始めとする高性能CPUを搭載したサーバを用いた柔軟な環境を、また大規模なアプリケーションサービス基盤をご要望のお客様にはSM10000ファミリを組み合わせた環境を提供することで、お客様がご要望のシステムに最適なデータセンターアーキテクチャを選択して提供することが可能になります。

「SM10000-XE」の特長

(1) データセンター内のラックに搭載される機器を10RU(約44.5cm高)に全て集約
高さがわずか10RUの製品の中に、インテル社のサーバ向け省電力・高性能プロセッサ「Intel(R) Xeon(R) Processor E3-1260L」(4コア 2.4GHz、ハイパースレッディング対応、TDP 45W)を64個、最大2TB(1CPUコアあたり32GB)のメモリ、ストレージ、スイッチ機能、負荷分散機能、サーバ管理機能を集約して搭載しています。

(2) SeaMicro社独自開発の「Freedom(TM) Fabric ASIC」による省電力・省スペースの実現
SeaMicro社独自開発の「Freedom(TM) Fabric ASIC」によって、I/O仮想化機能およびTIO(TM)(Turn It Off)機能を実装しています。I/O仮想化機能によって、マザーボード上のCPU、メモリ、ASIC以外の部品を削減することでマザーボードを大幅にコンパクトにし、消費電力およびコストも削減しています。また、TIO(TM)(Turn It Off)機能によって、使用していないCPUとチップセットの機能を止めることができ、さらなる省電力化を実現しています。
さらに、これらのコンパクトかつ省電力なマザーボード同士は「Freedom(TM) Fabric ASIC」によって、多次元輪環(Multi-Dimensional Torus)構造を構築し、1.2テラビット/秒で高速に相互接続されています。

(3) 現在のデータセンターの環境に手を加えることなく容易に導入可能
「SM10000-XE」は、従来、サーバとは別に機器が必要だった、スイッチ/サーバ管理/負荷分散の機能を高度に統合しているため、運用・管理を容易に行うことができます。また、x86アーキテクチャに対応しているため、既存のOS/アプリケーション/管理ツールに手を加えることなくデータセンターへ導入することが可能です。

(4) アプリケーションサービス基盤でボトルネックとなるネットワーク帯域を潤沢に備える
アプリケーションサービス基盤では、ネットワーク帯域がパフォーマンスのボトルネックとなる場合が多くあります。「SM10000-XE」では、4コアプロセッサに10ギガビット/秒のネットワーク帯域が割り当てられおり、1コアあたり2.5ギガビット/秒と、他のサーバに比べて非常に大きな帯域を備えています。

「SM10000-XE」の製品写真

【製品前面】

【製品背面】

【Compute Card】

拡大表示

SeaMicro Inc. について

SeaMicroは、従来型のサーバに比べ、消費電力と機器設置スペースを75%削減することによって、データセンターの構造を大きく転換させる企業です。SeaMicroは、CPU設計/仮想化/スーパーコンピューティング/ネットワークという、複数の技術領域における飛躍的な革新によって、オンラインゲーム/検索/索引の演算などの、web層で用いられるスケールアウト用のサーバに最適な、新しいアーキテクチャを生み出しています。
SeaMicroは2007年に設立され、Khosla Ventures、Draper Fisher Jurveston、Crosslink Capitalを含む、シリコンバレーの主要な投資家から支援を受けています。また、米国エネルギー省からはアメリカ復興・再投資法の一部として930万ドルの支援を得ています。これはサーバ開発企業への支援の中で最大の金額です。より詳細な情報は、www.seamicro.comをご覧下さい。

ネットワンシステムズ株式会社について

ネットワンシステムズ株式会社は、常に国内外の最先端技術動向を見極め、ネットワーク領域とプラットフォーム領域において、自ら検証した製品に高品質な技術サービスを付加することによって、お客様のビジネス成功を目的として、生産性を高め、簡便に利活用できるIT基盤ならびにコミュニケーションシステムを提供している企業です。
技術研究やシステムの稼働検証を行うテクニカルセンター、製品の入出荷検査を行う品質管理センター、遠隔でシステムの監視・運用を行うエキスパートオペレーションセンター(XOC)、保守部材の品質検査を行うサービス品質センター、技術者教育サービスを提供するネットワークアカデミーなど、グループ全体で充実した事業基盤を保有し、高信頼性・高付加価値ソリューションを提供しています。(設立:1988年2月、売上高:1,308億57百万円〔2011年3月期連結〕)

※NetOneSystems、ネットワークアカデミー、ロゴはネットワンシステムズ株式会社の登録商標です。その他の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先
ネットワンシステムズ株式会社  広報室 Tel:03-5462-0772 E-mail:media@netone.co.jp
E-mail:mailto:media@netone.co.jp
Webからのお問い合わせ、ご質問はこちらから
お問い合わせ窓口へ

最新の情報

pagetop