イベント Cloud Ready ~実用段階に入ったプライベート・クラウド・ソリューションのご紹介~

ネットワンシステムズは、クラウド・イネーブラーとして、日本国内で、いち早くクラウドの構築・運用、仮想iDC構築に取り組んで参りました。これらの実績を踏まえまして、プライベート・クラウドの構築やクラウド・サービスをご検討中のお客様に、大規模な仮想プラットフォームで重要となるネットワーク、ストレージ、セキュリティをトータルに設計するためのノウハウと構築事例など、最適なソリューションをご紹介致します。
また、VMware、Cisco、EMCの各ベンダーが仮想化への取り組みの最新情報をご説明致します。ご多忙中とは存じますが、是非ともご参加いただけますようご案内申し上げます。

日時 2010年2月5日(金)
会場 東京コンファレンスセンター・品川 5F 大ホール
参加費 300名
定員 東京コンファレンスセンター・品川 5F 大ホール
主催 ネットワンシステムズ株式会社
協賛 シスコシステムズ合同会社、EMCジャパン株式会社、ヴィエムウェア株式会社

アジェンダ

12:30-13:00 受付

13:00「ご挨拶」

ネットワンシステムズ株式会社 代表取締役社長 吉野 孝行

13:05-13:50「ネットワンのクラウドへの取り組み」

ネットワンシステムズ株式会社 ソリューション本部 本部長 井上 尚紀

ネットワンシステムズがクラウド・イネーブラーとしてご提案しているソリューションの概要と取り組みをご説明いたします。また、日本国内でのクラウド市場の創出と活性化を目指し、2009年11月にCBA(Cloud Business Alliance)を発足しました。この活動内容を通して、市場動向などをご説明いたします。

13:50-14:20「VMwareのソリューションと最新情報のご紹介

ヴイエムウェア株式会社 プロダクトマーケティングマネージャ 各務 茂雄 様

VMware社は、2009年にvSphere 4をリリースしました。その機能の中で様々なAPIを公開し、ネットワーク製品、セキュリティ製品などとの連携が現実のものとなってきています。VMware社が考える今後の製品戦略とソリューションを、最新情報を交えてご紹介いたします

14:20-14:30 休憩

14:30-15:00「シスコシステムズのプラットフォーム戦略のご紹介」

シスコシステムズ合同会社 アーキテクチャー&テクノロジー事業 
データセンターソリューション営業部長江副 桂太 様

ユニファイド・ファブリック製品群 Nexusシリーズは、日本国内でも着実に販売実績が増加しています。 Cisco UCS(Unified Computing System)の販売開始とともに、データセンターのトータルな仮想化プラットフォームとしてのソリューションを今後の製品戦略を交えてご紹介いたします。

15:30-15:40 休憩

15:40-16:10「ネットワンシステムズ社内事例紹介とその運用」

ネットワンシステムズ株式会社 応用技術本部 DCプロダクト開発部 松永 青磁
システム企画グループ IT部 村中 智祐  永野 賢一

ネットワンシステムズは、基幹系のアプリケーションを含めて、サーバ仮想環境に社内システムの移行を推進しています。
実際に構築し、運用しているIT担当者が、そのメリットと注意点・ノウハウを、事例を元に説明いたします。

16:10-17:10「仮想プラットフォームを核とした佐賀大学の新しいキャンパスネットワーク」~お客様事例

佐賀大学 理工学部 知能情報システム学科 教授
総合情報基盤センター 副センター長 渡辺 健次 様

佐賀大学の新しいキャンパスネットワークでは、VMware、Cisco Nexus、EMC を核とした仮想プラットフォームを導入しています。仮想プラットフォームを導入するに至った背景、選定理由と期待される効果、構築と運用の状況、そして今後の課題についてご紹介いたします。

Webからのお問い合わせ、ご質問はこちらから
お問い合わせ窓口へ

最新の情報

pagetop