ニュースリリース ネットワンシステムズ、総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を受賞

~先進ICTを利活用した“働き方改革”と“地方創生支援”の両面の取り組みを評価~

2017年11月14日
ネットワンシステムズ株式会社

PDFファイルで表示(261KB)

 ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行)は、本日、総務省が選定する「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を受賞しました。

 ご評価頂いた取り組みは、主に以下の3点です。
 1. 全社員が対象、利用回数や利用理由の制限はなし。最も生産性が高まる場所で働くことを推奨
 2. 静岡市と地方創生に向けた連携協定を締結。同市に住みながらテレワークする実証実験を実施
 3. ICT機器を利用して遠隔地での業務環境を整備し、首都圏から地方への移住を支援

 「テレワーク先駆者百選」とは、総務省が2015年に創設したもので、テレワークの普及促進を目的として、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体等を選出するものです。さらに、特に優れた取り組みを「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」として表彰しています。

 ネットワンシステムズは「ICTを利活用した働き方改革」を推進しており、仮想デスクトップ/多様なコラボレーションシステム/スマートフォンでの業務システム利用環境等を全社員に導入することで、どこでも・簡単・安全に業務が進められる環境を整備しています。
 そして、2011年から導入したテレワーク制度では、利用対象や利用回数の制限を設けないことで、全社員が自立的に考え、最も生産性が高まる場所を選んで業務を進めています。

 今後もネットワンシステムズは、社員のワークライフバランスの実現に努めるとともに、今回受賞した取り組みをはじめとする先端ICTと自社での利活用ノウハウを提供することで、お客様の働き方改革や地方創生を強く支援してまいります。

【ご参考】総務省の報道発表資料
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000187.html

<ICTを利活用した、ネットワンシステムズ社員の働き方の例 1>

拡大表示

<ICTを利活用した、ネットワンシステムズ社員の働き方の例 2>

拡大表示
本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先
ネットワンシステムズ株式会社  広報室 Tel:03-6256-0616 E-mail:media@netone.co.jp
E-mail:mailto:media@netone.co.jp
Webからのお問い合わせ、ご質問はこちらから
お問い合わせ窓口へ

 

最新の情報

pagetop