リスクマネジメント

活動の基本方針

当社は、企業を取り巻く経営環境の変化を適切にとらえ内部統制システムに基づき、お客様、株主その他ステークホルダーの満足を得られる企業経営を安定的かつ継続的に行うことが社会的責任であると考え、グループ各社との相互連携を通じ、リスクマネジメント活動を推進しています。

リスクマネジメント体制

当社グループ全体のリスクの把握と未然防止を適切に推進できるよう、リスクマネジメント体制を整備し、運用しています。

推進施策指示/活動状況報告プロセス

推進施策指示/活動状況報告プロセス

重点管理リスクの選定と管理

重点管理リスクの選定と管理

災害対策(BCPの策定)

  • ICT基盤提供企業としての社会的責任を強く認識し、グループ全体で大規模地震や新型インフルエンザなど様々な脅威に対応できる体制を整え、事業継続における対策を強化しています。
    具体的には事業継続計画(BCP)を整備し、災害発生時には全グループの役職員の安全を確保しつつお客さまへのサービス提供の継続体制を構築します。
  • 災害による混乱防止、災害後の被害軽減を図るためにBCP基本計画書や各種手順書を作成し、緊急事態等、経営危機が発生した場合における役職員の役割分担、初動対応や情報収集・伝達、対応策の迅速な決定と実施等、基本方針を明確化しています。2011年3月11日に発生した東日本大震災では、発生直後から災害対策本部を立ち上げ、早期復旧に注力しました。
  • 従業員の安否情報を部門管理者等が逐一把握できる「安否確認システム」を導入し、利用促進と定期的な模擬訓練を実施しています。また、緊急時避難用具・備蓄品(飲食糧など) 、災害時などでの電話回線の通話規制に備えてMCA無線を本社他全拠点に設置しています。

リスクマネジメントのPDCA

リスクマネジメントのPDCA

企業情報