ダイバーシティ

基本方針

ネットワングループは、多様性の融合によるシナジー効果とイノベーションの創出を目的として、ダイバーシティを推進しています。性別、年齢、国籍、障がいの有無、さらには職務経験や価値観など、あらゆる違いを超えて社員が活き活きと働ける職場環境を整備することで、様々な“個”の力を引き出し、生産性向上と継続的成長を目指します。

ダイバーシティ推進体制

ネットワングループのダイバーシティ推進は、経営層の強いコミットメントから始まりました。
まず、2013年にHRC(重要な人事施策を検討し提案する委員会)の内部組織として「ダイバーシティ・ワーキンググループ」が設立され、政府の成長戦略「202030」や厚生労働省の「ポジティブ・アクション」に向けた施策の検討をスタート課題として活動を開始しました。

そして翌2014年、ネットワングループのダイバーシティ推進をリードしていくことを目的に、経営委員会の諮問委員会として「ダイバーシティ推進委員会(DSC:Diversity Steering Committee)」が正式に発足しました。

1st Stepとなる初年度は「ジェンダー・ダイバーシティ」を、2nd Stepとなる 2015年度は継続した「ジェンダー・ダイバーシティ」の推進と併せ、多様性への理解促進を図る「ダイバーシティ&インクルージョン」に取り組みました。

ダイバーシティ推進体制

ダイバーシティへの取り組み

DSCでは、社内ヒアリングやワークショップ参加者のアンケート結果などを踏まえ、多様性への理解促進に焦点を当てた、具体的な改善施策を企画・実行しています。

研修


リーダー向けダイバーシティ研修

●上司の意識変革研修

女性の活躍推進には、上司の役割が極めて重要になることから、マネジメント層の意識改革に向けた啓発活動を継続的に行っています。
従来の働き方や固定概念を取り払い、生産性の向上にむけて、経営層からのビデオメッセージをはじめ、ライン職向け研修、新任マネージャー向け研修など、様々な施策を展開しています。


課題や悩みを同じくするリーダー同士、
真剣かつ活発に議論

●キャリアデザイン研修

全女性社員を対象に行った「キャリア意識調査」の結果をもとに、キャリアの重要性を認識し、自立的なキャリア意識を高めることを目的とした「キャリアデザイン研修」を実施しました。
仕事に慣れる一方で不安にもなりやすい社会人歴4~6年目の男女社員向けと、中堅層である28歳以上の女性社員向けに各3回開催。
累計90名の女性社員や若手男性社員が参加し、大きな反響がありました。

キャリアデザイン研修


ダイバーシティ特別講演

●ダイバーシティ研修

2015年1月に、全社員を対象とする「ダイバーシティ特別講演」を開催しました。
本社のみならず、全国各拠点をテレビ会議でつないでライブ配信し、約170名の社員が参加しました。
講師には株式会社プロノバ代表取締役社長の岡島悦子氏をお招きし、ダイバーシティ推進に必要な三位一体の活動や、女性がかかりやすい職場の10大疾病など、興味深く、納得できる話を聞かせていただきました。
聴講後のアンケート調査では、参加者の91%が「満足」、74%が「意識の変化があった」と答えるなど、新たな視点や気づきを促すことができました。


全国の各拠点へ、講演をライブ配信

ワークショップ


これから仕事・育児を考えるチーム

●出産・育児経験者との情報交換会

ワーキングマザー、育児休業中の社員、これからライフイベントを考えていく女性社員が集い、フランクに意見交換を行う場も提供しています。
法定を上回る手厚い人事制度や育児との両立支援制度について解説するとともに、育児ママでもある3人のDSCメンバーが、パネリストとして育児まっただ中のネットワンでの働き方を紹介しています。
ディスカッションでは参加者が2チームに分かれ、それぞれのグループで現在抱えている悩みや両立への不安を共有しつつ、「仕事と育児をどう両立できるのか?」について議論を交わしました。

ダイバーシティ推進体制


こちらは育児真っ最中のママチーム


ダイバーシティ向上支援の第一人者、
株式会社プロノバ 代表取締役社長
岡島悦子氏による特別講演

●全女性社員と全ライン職対象のワークショップ

2014年11月から2015年にかけて、全女性社員と全ライン職を対象にしたワークショップを全4回実施しました。
吉野社長による会社方針説明の後、ダイバーシティ推進の必要性についての特別講演や、「『女性が活躍し続けるネットワンシステムズ』とはどのような姿か?
また、その姿を実現するためにはどうしたらよいか?」をテーマにしたディスカッションが行われました。
多様性への理解を深めるとともに、参加者が自らアイデアやアクションを考えることで、当事者意識を醸成する機会にもなりました。


ディスカッションには吉野社長も参加

働き方の変革

●柔軟なワークスタイル制度に適した人事制度

ネットワンシステムズでは、2010年から先進的なICTを駆使した「働き方革命」を実践しています。
いつでも、どこでも、誰でも、安全に業務が進められる環境を整備するとともに、人事制度改革にも着手し、「テレワーク」「フレックスタイム」「シフト勤務」という3つの人事制度により時間や場所にとらわれない働き方を実現しています。
これらの人事制度は利用時の制約が少なく、社員一人ひとりが、変化するライフステージや日常の業務に合わせて最適な働き方を選択できるようになっています。

ダイバーシティの状況


2016年1月 日本テレワーク協会第16回
「テレワーク推進賞」奨励賞を受賞

社内に「ダイバーシティ」という言葉が浸透し、マネジメント層や女性社員の意識にも変化が見られるようになりました。
また、制度を活用し、ライフイベント後も継続して働き続ける事ができるため、女性社員の在籍比率や有子比率も増加傾向にあります。
今後も継続して様々な施策を実施し、より活き活きと働ける環境、風土を育てていきます。
一方、ダイバーシティ推進の重要な課題である「働き方の変革」については、当社の「ワークスタイル変革に関する取り組み」が厚生労働省や日本テレワーク協会から各賞を受賞するなど、社外から高い評価を得ています。


2015年11月 厚生労働省「テレワーク推進
企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」
「特別奨励賞」を受賞

これからの活動

「女性活躍推進法の施行」や「人口オーナスの進展」など環境変化に対応するために、これまでのダイバーシティ推進に加え、ワークライフバランスの促進にも積極的に取り組んでいきます。

女性活躍推進法に伴う活動

えるぼし
2017年8月 えるぼし認定(2段階)を取得

ネットワンシステムズは「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)に基づき、行動計画を策定しました。
この行動計画に沿って、積極的な採用の継続や、キャリア開発教育の強化など、より一層女性社員が活躍できる職場づくりに取り組んでいきます。

2016 女性活躍推進法 行動計画(PDF:8.06KB)

仕事と介護の両立支援

介護リスクは誰もが抱えている問題であり、当社においても介護対策家族(75才以上の両親)を持つ社員が多く、今後、私生活において個別事情を抱える社員の増加が予想されます。
そこで、介護に直面しても、社員が最高のパフォーマンスを発揮できるように制度を育児両立支援と同等に改善するとともに、利用しやすい環境づくりを進めます。

企業情報

pagetop