ネットワンの働き方改革 – サテライトオフィス

サテライトオフィス

サテライトオフィスの様子メインの拠点が出張先や移動先から遠隔地にあり、戻るのに非常に時間がかかる、あるいは遠回りとなる場合、支店の利用やサテライトオフィス(出張所)の設置は非常に有効です。
メイン拠点並みの設備はないものの、業務が実行できる環境が地域各所に点在していることで、移動のコストを大幅に削減できることができます。
最近では、地域内の農地や河川などに職員が赴く必要がある自治体などで、積極的に採用が進んでいます。

サテライトオフィスのメリット

本社と同様に業務が出来る環境

ネットワンでは、サテライトオフィス(出張所)を設置する代わりに、各地方にある支社・支店にて、本社と同様に業務ができる環境を整えています。VDIの仕組みを採用することで、インターネットに接続する環境さえ整えば、どこでも自身の業務PC環境にアクセスできるため、場所にとらわれず業務が可能です。また、自身にかかってきた内線も、携帯電話で応答できる仕組みを導入しているため、専用の電話機も不要です。

また、各支店・支社には必ずテレビ会議端末を設置しているため、離れていても専用端末を通じてリモートコミュニケーションを取ることができます。直接Face to Faceで会話しているのとほぼ変わらない体感で、遠隔地同士で対話ができるため、定例会議から突発的な打ち合わせまで、さまざまな用途で利活用が進んでいます。


ネットワンが挑戦
する働き方改革

pagetop