第4回 社員はこんな感じでテレワークを活用しています!

皆様こんにちは! 
ネットワンシステムズ株式会社 ワークスタイル変革チームの中川です。

7/24のテレワーク・デイはどう過ごしましたか? 毎日新聞によると、約900社、6万人がテレワークを利用したそうです。
https://mainichi.jp/articles/20170725/k00/00m/020/116000c
今回もテレワークに取り組んだ二人の社員の体験談をお話しさせていただきます。

 

テレワークでもオフィスと同じ感覚で仕事を!

〜中部支社 中部事業本部 第1営業部 営業第1チーム エキスパート
国眼秀志

国眼さんは、今回のテレワーク推進Weekで初めてテレワークをされたそうですが、これまでテレワークを利用していなかったのはなぜですか?

テレワークの申請は面倒で時間がかかると思い込んでいました。今回それが誤解だとわかり、申請もメールで簡単にできました。制度をきちんと把握し、もう少し早くに使っていれば良かったです。

テレワークを使ってみてどうでした?

Web会議システムやチャットツールを活用することで、チームメンバーとのコラボレーションもオフィスにいるのと同じ感覚でできました。Web会議の途中
で技術者に質問したいと思ったら、その場ですぐ参加してもらうこともでき、資料もすぐにディスプレイに映し出すことができました。

その日は夕食を家族と食べることできましたが、平日に一緒に食べるのが久しぶりで、家族も喜んでいたと思います。
【JPタワーのモニターでの国眼さん】

 

テレワーク制度を上手く活用して過重労働対策の一つに

現状、なかなか定時に帰れないそうですが、労働環境の改善などにもテレワークは役立ちそうですか?

中部支社は駅からのアクセスも良く、仕事をするにはベストな環境のため、まだまだ「オフィスに来て仕事をする」という感覚が強いです。特に、お客様先への提案が立て込んでいる時期はテレワークの利用が難しいとも感じます。

ただ、今回のテレワーク・デイの取り組みをきっかけに、中部支社全体に「テレワークをやるぞ!」という空気が出てきました。テレワークをするという事は、オフィスと同じぐらいかそれ以上の成果を会社から求められると考えています。今後、お客様対応や資料作りなど、積極的にテレワークを活用し、より高い成果を目指していきたいです。
【テレワーク(自宅写真)】

 

テレワークをするために必要なことは何だと思いますか?

自分の業務の整理や、業務にかかる時間を把握し、成果が出せるように日頃から意識することが必要だと感じました。そうしておけば、テレワーク時もオフィスと変わらないパフォーマンスを上げられるのではないでしょうか。

 

工夫次第で活用範囲が広がるテレワーク

〜東京本社 東日本第1事業本部 第1営業部 営業第1チーム エキスパート
川端康裕

これまでテレワークはどのぐらいの頻度で利用していましたか?

【JPタワーでの川端さん】

頻度で言えば、元々月1~2回は使っていたと思います。今年の5月に子どもが生まれたのですが、テレワークをしていると、家族に万が一何かあった場合にもサポートができるので、妻にとっては安心感があるようです。希望のタイミングで取得できるのは、テレワークの良いところですね。

 

テレワークを利用するきっかけは?

会社に制度ができた際、「どういう働き方ができるのだろう」と興味を持って使ったのが最初です。
周りでも利用する人が着実に増えており、テレワークの利用が定着してきました。育児や介護などの理由で取得する人が多いと感じますが、独身の人でも、習いごとや悪天候の時など、様々な理由で取得しているようです。テレワークを取得することによってプライベートが充実すれば、仕事も充実しますよね。

【自宅でテレワーク中の川端さん】

先日、自宅近くのお客様先へ午後に訪問する予定がありました。午前中は自宅でテレワークをして、午後にお客様先へ自宅から直行することで、通勤や移動に掛かる往復の時間を仕事に充てることができました。テレワークは工夫次第で活用範囲が広がると気付きました。

テレワークを“当たり前”に

これからもテレワークを利用したいと思いますか?

テレワークしたいと思ったら、制度的にも雰囲気的にもいつでも取得できる、その環境が大事だと思います。オフィスで働くのと同じように、テレワークが“当たり前”になると良いですよね。

ネットワンが挑戦
する働き方改革

pagetop