ネットワンの働き方改革「ICTツール」

いつでも、どこでも、誰とでも、を実現するICTツール

いつでも、どこでも、誰とでも働く環境を実現するにあたり、業務環境・業務ツールの刷新は不可欠です。ネットワンでは、 「いつでも誰とでもコミュニケーションを取ることができる」 、「いつでも同じ業務環境にセキュアにアクセスできる」の2軸で、ICTツール導入を進めて参りました。

ネットワンシステムズが導入したツール一覧

仮想デスクトップ(VDI)
モバイル
データ共有
グループウェア
電話
リモート会議
チャット/プレゼンス/チームメッセージング

「いつでも同じ業務環境にセキュアにアクセスできる」

仕事をする場所や、業務端末によって、出来る業務・出来ない業務が発生しては、利便性が大きく損なわれます。
ネットワンでは、いつでも同じ業務環境に“セキュアに”アクセス出来るよう、さまざまなシステムを導入しました。

仮想デスクトップ(VDI)

VDIとは、Virtual Desktop Infrastructure の略称でクライアントPCを仮想化し、サーバ上での集約管理を実現するソリューションです。
業務の中心となるPC環境は、全てVDIによる仮想化をしています。サーバ側にクライアントのデスクトップ環境を置くことで、いつでも、どこからでも、どんなデバイスからでも、いつもの同じPC環境を呼びだせます。
サーバ側に情報を置くことで、セキュリティ面も従来に比べ高いレベルを確保することができます。

情報漏洩対策、運用コスト削減を目的に導入検討されるケースが依然として多いですが、昨今はスマートデバイスの利活用と相まって、いつでもどこでも働ける環境を提供し、生産性の向上、またテレワークなどの多様な働き方を実現するツールとしても採用が増えてきています。
ネットワンシステムズのデスクトップ仮想化ソリューション(VDI)とは、ICTによる働き方改革を促すシステムの中核を成すソリューションになります。
更に当ソリューションは、仮想化関連製品に留まらず、ネットワーク、セキュリティ分野の製品と組み合わせたシステム、併せてお客様の課題を解決する各種関連サービスを提供させて頂きます。

仮想デスクトップ(VDI)の具体的な利用シーン

営業担当
朝からお客様先へ訪問する際、これまでは一度会社に寄って、自席で資料の準備をしてから出かけていました。しかしVDIを導入すると、いつでもどこでも自分のデスクトップを呼び出すことができるため、わざわざ会社に行かなくても、お客様先近所の喫茶店などで訪問の準備ができます。
また、アポとアポの間に中途半端な空き時間があった場合は、その時間を使って外出先から社内のメンバーとリモート会議で打ち合わせを行うこともできます。事務処理や資料作成なども社外から行うことで、効率的な時間の使い方ができ、結果としてお客様への訪問時間・回数を増やすことができています。

家庭との両立(ワークライフバランス)
家庭の事情などで出社が困難なときでも、自宅からVDIを使って社内と同じデスクトップ環境を呼び出すことができます。また、今までかかっていた通勤時間を削減することで、その時間を家族とのコミュニケーションに使うことができるなど、家庭との両立に役立っています。

災害/ パンデミック対策
VDI導入前は、出社しなければ仕事を行うことが出来なかったため、災害などで電車が止まり出社出来ない場合は、業務を継続することが出来ませんでした。VDI導入後は、無理して出社することはぜず、自宅から業務を継続し、社内の同僚ともビデオ会議などで打ち合わせが出来るため、出社時と変わらず業務を遂行しています。


モバイル

スマートフォンの普及が進み、日常生活だけではなくビジネスシーンにおいても、モバイルデバイスを利活用する動きが盛んになってきました。弊社ではセキュアにモバイルデバイスから業務データにアクセスさせるために、エンタープライズモバイル管理ソリューションを導入しています。

モバイルの具体的な利用シーン

移動中・外出先
モバイルデバイスの活用で、移動時間や外出先での待機時間を、業務に充てることができるようになります。ちょっとしたメールの返信や、訪問先で使用する提案資料の再確認、社内ポータルにログインし経費精算の申請など、顧客対応から事務処理まで、場所や時間を問わず即座に対応できるようになります。


「いつでも同じ業務データにセキュアにアクセスできる」

最近では、働き方改革のためにICTツールを導入する際、最初からクラウドサービスを採用するケースが増えてきています。クラウドサービスは、初期導入コストを抑え、小さい単位から手軽にICTツールの利便性を享受することができるため、今後も積極的に普及されることが見込まれます。また、弊社でも積極的にクラウドサービスを採用しており、そのノウハウをお客様に提供しています。

データ共有(コンテンツマネジメント)

現在、企業が取り扱うデータは日々増加し続けています。
そこでネットワンでは、膨大なデータの保存先として、クラウド環境を選択しました。クラウド環境に業務データを置いておくことで、今まで以上にセキュアかつ、手軽にデータにアクセスできるようになります。

データ共有(コンテンツマネジメント)の具体的な利用シーン

レビュー速度の向上
クラウド環境に置かれた資料には、チームメンバーがコメントを挿入することができます。気が付いた点に対してリアルタイムにコメントを残していくことで、レビューの精度があがり、資料のクオリティ向上につながります。

移動中・外出先
クラウド上にあるデータは、モバイル端末からもセキュアに確認することができます。客先訪問前に資料の最終チェックをしたり、最新の製品データを入手することで、提案活動に役立てることが出来ます。


グループウェア

ネットワンシステムズでは、長くグループウェアとして、Microsoft Exchange採用してきました。このたび、グループウェアが、Office365としてサービスで提供されるにあたり、弊社でも、こちらを採用することを決めました。
また、エンタープライズモバイル管理ソリューションを組み合わせることにより、移動中や外出中でも、スマートフォンから自身の予定やメールをチェックできるようになりました。

「いつでも誰とでもコミュニケーションを取ることができるツール」

業務を円滑に進めていくにあたり、同僚、上司、顧客とのコミュニケーションは不可欠です。ネットワンシステムズでは、たとえ同じ社内にいなくても、スムーズに会話を進めることができるツールを導入し、働き方改革を推進して参りました。

電話

オフィス内外を問わずいつもと同じ環境で業務が出来るよう設計され、それを実現するICTツールを配備しています。
まずは電話です。携帯電話やスマートフォンとWi-Fiを介して、どこにいても社内・社外からのコールを受けることが可能です。
デバイスに依存せずに個人所有でも会社支給でも同じことが実現でき、例え外出先でも即座に双方向コミュニケーションを取ることができます。
そして隙間時間を活用して業務が出来るよう、様々なアプリを拡充しています。

IP-PBX・ソフトフォンの具体的な利用シーン

テレワーク
自宅には会社のような電話環境が整備されていません。今までは、テレワーク(在宅勤務)中にかかってきた電話は、社内外からに問わず、出社している別の社員に対応を依頼したり、あるいは留守番電話にメッセージが残っている場合は翌日以降に対応することがほとんどでした。
しかし、自身の携帯や、PCで電話を着信できるようになれば、人に負担をかけることなく、自分で対応できるようになり、業務スピードが向上します。

リモート会議

社内外どこでもその場に人がいるようなコミュニケーションを実現します。
会議室だけではなくあらゆる場所で実際にあって話しをおこなうことと同じレベルでコミュニケーションを取ることで場所に依存しない働き方を実現します。
電子ホワイトボードを使ってリモートに居るメンバーとも書き込み内容を共有できます。

リモート会議の具体的な利用シーン

拠点間会議
通常、支店間の会議は出張することにより実現していましたが、ビデオ会議システムを導入したことにより、移動や時間を掛けずに会議を実施することが可能になりました。1対1の会議だけでなく、複数拠点が参加する会議も実施できるため更に効果を上げています。

テレワーク
在宅勤務やリモートワーク等のテレワークは会議が入っている日は断念しがちですが、ビデオ会議システムにより、問題なく実施することが出来ます。PCの画面を相手側にも共有することが出来るため、資料を用いた会議を実現出来るだけでなくペーパレスの効果も高いです。

お客様との打ち合わせ
お客様との打ち合わせは、基本対面を重視していますが、緊急を要する場合や遠方により直ぐに出向くことが出来ない場合もビデオ会議システムを使って解決することが出来ます。スピーディな対応により販売機会の創出へと繋げています。

チャット/プレゼンス/チームメッセージング

コミュニケーションにスピードをもたらす為に、従来の電話やメール等のコミュニケーションに加え、ビジネスチャットやプレゼンスを導入しました。これにより、スピーディな業務連絡や意思決定、情報共有などを実現できます。
また業務PCだけでなく、タブレットやスマートフォン上でも利用できるため、プレゼンス機能を付け社内外問わず自身の都合の良いタイミングでコミュニケーションが取れます。
1対1だけでなくグループチャットも利用できるため、組織関連携強化にも繋がります。

ビジネスチャットの具体的な利用シーン

営業担当(外出中)
社内のコミュニケーション手段として主にメールを使用していたため、フロント業務に従事している営業やエンジニアは外出している間、緊急事態への対応が遅くなるケースが多々ありました。そこでチャットを導入したところ、メールのようなタイトルや枕言葉を使わずテキストで用件のみ伝えるため、レスポンスも早く、スピード感を持って解決できるようになりました。

テレワーク
働く場所を自由に選べるテレワークですが、課題となるのが迅速なコミュニケーションです。テレワーク中、メールや電話を使うほどでもない手軽な業務連絡や小さな確認事項等に、チャットは最適です。また、仕事単位、案件単位でチャットグループを作れば、常にそこで会話ができるため、社内やテレワーク中はもちろん、外出や出張中でも常にスピーディに現状をキャッチアップできます。チーム力強化、組織間連携にも大きく寄与しています。


ネットワンが考える働き方改革に必要な5つの要素

働き方改革ビジョン

働き方改革ビジョン
いつでも、どこでも、どんな端末でも働ける環境
ライフイベントを迎えても優秀な人材が働き続けられる環境

ネットワンが挑戦
する働き方改革

pagetop