ネットワンの働き方改革「意識」

ネットワンの働き方改革「意識」

働き方改革を行う場合、制度やICTツール、オフィスファシリティ整備への注力が多いですが、忘れてはならないのが『意識』です。
社員一人一人の意識を変えなければ本当の改革とは言えません。むしろ社員の『意識』を変える、育成することにより制度や道具、空間がより効果を発揮するという相乗効果が生まれます。

ネットワンシステムズでは、働き方改革の意識面を育成するために「ビジョン浸透活動」「ダイバーシティ推進」「ITツール・制度勉強会」「社員会」 などの啓蒙活動を行っています。

ビジョン浸透活動

アドマイヤードカンパニーとして、すべてのステークホルダーから信頼され支持される企業になるべく、ネットワングループ全社員に企業のビジョンを浸透させ、社員自らの行動を促しています。

8つの行動テーマ

  1. 1. お客様を第一に/Customer First
  2. 2. 良識ある誠実さ/Integrity & Trust
  3. 3. 先進的な情報と技術/Advanced Information & Technology
  4. 4. プロ意識とプライド/Professionalism & Honor
  5. 5. 質の高いコミュニケーション/Quality Communication
  6. 6. 効果的なチームワーク/Effective Teamwork
  7. 7. 楽しみながら仕事をする/Fun at Work
  8. 8. 社会への貢献/Contribution to Society
  • ビジョン浸透委員会の設置。社員ひとりひとりに、ネットワンシステムズ社員としての行動指針を意識してもらうため、ビジョンブックを作成
  • 社内のイベント等を通じてビジョンの必要性を議論、理解浸透を促進させる

ネットワンシステムズの働き方改革は福利厚生ではなく、経営戦略です。
経営理念であるアドマイヤードカンパニーを目指すうえで、働き方改革を実現することは大事な要素の一つです。


ダイバーシティ推進の取り組み

ネットワングループは、多様性の融合によるシナジー効果とイノベーションの創出を目的として、ダイバーシティを推進しています。性別、年齢、国籍、障がいの有無、さらには職務経験や価値観など、あらゆる違いを超えて社員が活き活きと働ける職場環境を整備することで、様々な“個”の力を引き出し、生産性向上と継続的成長を目指します。

ネットワンの働き方改革「意識」

外部専門家による女性活躍やダイバーシティに関する講義・ワークショップの実施や、育児社員との交流会、介護制度の勉強会等を通じて社員同士の多様性を認め合い、受容する機会を設けています。
個々が希望する働き方を実現するために、他者理解を進めながら場所や時間に囚われない働き方改革に取り組んでいます。


ITツール・制度勉強会

働き方改革を実現するため、ICTツールやテレワーク制度、フレックス制度など、さまざまな勉強会や利用促進活動を社内向けに行っています。

各種勉強会

各種勉強会

  • “社外でのセキュリティを担保した働き方”勉強会の実施
  • 役職者・一般社員向けITツール・制度勉強会の実施

利用促進

利用促進

  • 役職者・一般社員向けテレワーク説明会の実施
  • テレワークガイドブックの作成・配布
  • ICTツール専用ヘルプデスクの設置

浸透活動

  • 総務省企画「テレワーク・デイ」への参加
  • テレワーク推進フォーラム企画「テレワーク月間」への参加

テレワーク・デイ

テレワークの意識浸透のため、2017/7/24に総務省企画のテレワーク・デイに参加しました。
テレワーク・デイ参加取り組みのブログを公開してます!

ネットワンの働き方改革 受賞表彰

ネットワンの働き方改革に関する取り組みが様々な分野で評価され賞を受賞しています。

社員会

会社と社員が良好な関係を保ち、職場環境の改善や労働条件の向上を目指して互いに意思疎通を図ることを目的に運営しております。

  • 社員の意見を抽出・取りまとめ、経営層に提言
  • 過重労働・残業・有給取得・在宅勤務・フレックス・ワークライフバランスなど「ワークスタイル」に関する様々なテーマを取扱い、会社に合った働き方を実現するための活動を実施
  • 社員交流会による社内コミュニケーションの活性化

ネットワンが考える働き方改革に必要な5つの要素

働き方改革ビジョン

働き方改革ビジョン
いつでも、どこでも、どんな端末でも働ける環境
ライフイベントを迎えても優秀な人材が働き続けられる環境

ネットワンが挑戦
する働き方改革

pagetop