JUNOS MPLSエッセンシャル -JUNOSによるMPLS/VPN/TE環境の構築-

コード -- 会場 NOS
期間 2日間 時間 10:00〜17:30
形式
  • 講義
  • 演習
受講料金 別途お見積

目的

JUNOSによるIPバックボーンの構築に欠かせないMPLSとMPLSを用いたトラフィックエンジニアリング、VPN環境の構築スキルを習得する事を目的とします。

対象

・ JUNOSプラットフォームでより信頼性の高いバックボーンとVPN環境の構築を必要とされる技術者。

前提

・ JUNOSオペレーション、OSPF,BGPの設定経験のある方、TCP./IPネットワークの標準的なルーティング知識を有している方。

詳細

[1] MPLSの概要
  - MPLSプロトコルの概要
  -  MPLS構成要素と用語
  -  MPLSプロトコルヘッダ
  -  LDP
  -  LDPによるLSPのセットアップ
  -  MPLSパケット転送フロー

[2] MPLS-TEの概要
  -  トラフィックエンジニアリング
  -  MPLS-TEの構成要素
  -  TEによるパスの決定
  -  シグナリングによるLSPの確立
  -  TEの拡張

[3] MPLS/RESVPの設定
  -  MPLS基本設定
  -  REVP基本設定
  -  LSPの基本設定
  -  確認コマンド

[4] JUNOS LSPとBGPの統合
  -  ネクストホップセルフのLSPへのマッピング
  -  ルート決定例
  -  ルート決定のまとめ
  -  パッシブIGPへの対応

[5] MPLS-TE設定
  -  ERO
  -  プライマリパスとセカンダリパス
  -  MPLS-TE設定例

[6] LDP設定
  -  LDPの設定
  -  LDPの確認

[7] MPLS-L3VPNの概要
  -  MPLS-L3VPN技術概要
  -  VPNラベルとルート識別子
  -  パケット転送フロー

[8] MPLS-L3VPNの設定
  -  VRFの設定
  -  PE-PE間MiBGP設定
  -  確認コマンド

付録A)L2VPN概要
 L2VPNの特徴と標準化
 PWE3
 VPLS

付録B) VPLS設定と確認
 BGP VPLSプロトコルコンポーネント
 LDP VPLSプロトコルコンポーネント
 MACアドレスの学習とパケットフロー
 VPLS設定と確認

付録C)MPLS-L2VPN L2Circuit設定
 L2Circuitの構成
 L2Circuitの設定
 確認コマンド

付録D)6VPE設定と確認
 6VPEプロトコルコンポーネント
 6VPEの設定
 確認コマンド

お問い合わせ窓口へ

Network Academy
pagetop