ネットワーク設計基礎

コード -- 会場 NOS
期間 3日間 時間 9:30~17:00
形式
  • 講義
  • 演習
受講料金 別途お見積

目的

ネットワークに求められる要件の整理とそれを実現する為の注意点や、基本的なIPネットワークの構成要素や技術要素について、体系的に理解する視点から学習します。
実際にネットワークを設計、拡張、提案を行うにあたって、「どんな技術でどんなことが可能になるか」「その技術は、ネットワークのどのデバイスで実現なるか」「WAN接続等のサービスを利用する場合に注意すべき点は何か」「ネットワークの基本デバイスの配置や論理構成をどのように考えるべきか」等がわかるようになることを目的とします。
IPネットワークにおいて、サービスの提供を行っている様々な技術者、これからネットワークに携わる技術者、アプリケーションやサーバ構築担当者で、ネットワークについての知識も必要としている技術者にとって、ネットワークの基本技術を理解し、様々な要件を満たす為の技術要件の定義や、構成の検討ができるようになります。
・ ベストエフォート型の基本的なネットワークの設計が実践できる知識の習得
・ 中/小規模のLAN/WANインターネット接続を含むネットワークシステムの把握
・ 可用性を確保する為の最低限の二重化機能デザインについての理解
・ ネットワーク運用に必要な標準の管理機能についての理解

対象

・ 中・小規模のネットワーク設計に携わる初級ネットワーク技術者の方
・ 現在の典型的なIPネットワークの全体像を体系的に学びたい方

前提

・ 「ネットワーク基礎」「ルータネットワーク-入門編-」を受講済み、もしくは、同等の知識を有する

詳細

[1] ネットワーク設計
  - ITシステムの構築ステップ
  - ネットワークの構築ステップ

[2] 要件の整理
  - 現状の把握
  - 要件の洗い出し
  - 要件の具体化

[3] 論理設計
  - ネットワークデザインのための基礎知識
  - トポロジーの種類と階層モデル
  - レイヤ2冗長技術
  - レイヤ3冗長技術
  - セキュリティ機能の追加
  - LANメディアの選択
  - WANサービスの選択
  - 通信プロトコル・デバイス選択
  - ネットワークモデルの作成

[4] 詳細設計
  - ファシリティ
  - 機器構成
  - アドレス設計

[5] ネットワーク管理機能の追加
  - ネットワーク管理プロセス
  - 機器管理
  - 障害管理
  - 管理プロトコルと構成デバイス

[6] ケーススタディ

【ケーススタディ演習】
  - 3-5名1組で演習を行います。
  - 要件課題を通してネットワーク構成を検討するグループワークを行います。
  - 各グループの発表・ディスカッションを通して、学習したネットワークの構成スキルを確認します。

お問い合わせ窓口へ

Network Academy
pagetop