ネットワーク・トラブルシューティング

コード -- 会場 NOS
期間 3日間 時間 10:00~17:30
形式
  • 講義
  • 演習
受講料金 別途お見積

目的

障害発生時のトラブルシューティング手順について学習します。
迅速な対応を行うために事前に収集すべき情報を学習します。
シスコ製品で構築されたネットワーク環境で、管理者が簡単なトラブルシューティングができるようになります。
ネットワーク導入時の注意点も理解することが可能です。

対象

・ 企業のネットワークの管理、運用をされている方で、ルータ・スイッチでのトラブル一次切り分けの手順を習得したい方
・ シスコ製品を使用したネットワークの簡単なトラブルシューティングを学習されたい方

前提

「ルータ・ネットワーク- 設定編-」、「LANスイッチング技術」コースを受講済み、または下記の知識を習得済みであること。
* 本コースは前提条件にあげられているテクノロジーや環境で発生する障害について取り扱います。受講をされる方は下記の前提条件をご確認下さい。
 ・ 基本的なネットワーク用語、OSI 参照モデルについてを理解している
 ・TCP/IP通信の各種プロトコルを理解している
 ・スイッチング機能を理解している
 ・スパニングツリープロトコルについて理解している
 ・VLANについて理解している
 ・トランクとトランクプロトコルについて理解している
 ・リンクアグリゲーションについて理解している
 ・ルーティング機能を理解している
 ・ルーティングプロトコル(RIP/OSPF)について理解している
 ・HSRPについて理解している
 ・シスコ ルータの基本的なオペレーションの経験を持っている
 ・ Catalystスイッチ(IOS 系)の基本的なオペレーションの経験を持っている

詳細

[1] トラブルシューティング概要
  - トラブルシューティングとは
  - トラブルシューティングに必要な情報
  - トラブルシューティングの手順

[2] Ciscoルータ/スイッチの管理
  - コンフィグレーションファイルの管理
  - IOSファイルの管理
  - Syslog情報の収集
  - SNMPによる機器管理
  - NTPによる時刻設定

[3] 機器の状態確認
  - トラブルとして考えられる内容
  - 筐体の状態確認
  - 機器の動作環境確認コマンド
  - リソース情報の確認コマンド
  - 性能情報の確認コマンド

[4] レイヤ1-2のトラブルシューティング
  - LAN環境のトラブルシューティング
  - WAN環境のトラブルシューティング

[5] レイヤ3のトラブルシューティング
  - レイヤ3のトラブルシューティング範囲
  - レイヤ3プロトコルのトラブルシューティング
  - ルーティングのトラブルシューティング
  - フィルタリングのトラブルシューティング

[6] パスワードリカバリ
  - パスワードリカバリとは
  - Catalystスイッチのパスワードリカバリ
  - シスコルータのパスワードリカバリ 

お問い合わせ窓口へ

Network Academy
pagetop