IPv6概説

コード -- 会場 NOS
期間 1日間 時間 10:00〜16:30
形式
  • 講義
  • デモンストレーション
受講料金 別途お見積

目的

ネットワーク機器への実装が進んでいるIPv6について、その特徴をIPv4との差異を中心に解説します。
 ・ 既存のIPv4ネットワークを構築・運用されている方が、IPv6ネットワークの構築・運用を行う際に必要なIPv6の基礎技術を解説します
 ・ IPv6だけでなく、ICMPv6が提供する近隣探索やアドレスの自動設定についても解説します
 ・ IPv6ネットワークとIPv4ネットワークの現在における関係や、IPv6ネットワークの移行状況、普及状況などのステータスを解説します

対象

・ IPv6ネットワークの構築やIPv6を使ったアプリケーション開発を行なうために、基本的な知識が必要な方

前提

・「ネットワーク基礎」コースを受講済み、
もしくは以下に示すIPv4の基本的知識を習得済み
 ・ OSI参照モデル
 ・ IPv4アドレス体系
 ・ IPv4ヘッダ
 ・ DNSやDHCP等、既存のIPv4を使用したサービス

詳細

[1] IPv6とは
  - IPv6の成立背景
  - IPv6とIPv4の比較

[2] IPv6アドレス体系
  - IPv6アドレス
  - プレフィックス
  - インターフェイス識別子
  - アドレス記述形式
  - 通信の種類
  - ユニキャスト
  - マルチキャスト
  - ネットワーク機器に割り当てられるアドレス

[3] IPv6ヘッダ
  - IPv6ヘッダの特徴
  - 標準ヘッダ
  - 拡張ヘッダ
  - ヘッダの順序

[4] ICMPv6メッセージ
  - ICMPv6とは
  - エラーメッセージ
  - 診断メッセージ
  - 近隣探索メッセージ

[5] アドレスのプラグ・アンド・プレイ
  - アドレスのプラグ・アンド・プレイとは
  - ステートフル方式
  - ステートレス方式
  - アドレス選定プロセス

[6] ネットワークの移行
  - 移行用のIPv6アドレス
  - デュアルスタック
  - トンネリング
  - トランスレーション

[7] デモンストレーション
近隣探索メッセージを使用して、IPv6クライアントがIPv6ステートレスアドレスを取得する際のICMPv6パケットの動作をアナライザを使用して検証します。
〈使用機器〉シスコルータ、IPv6クライアントPC(Windows or PC UNIX)

お問い合わせ窓口へ

Network Academy
pagetop