ルータ・ネットワーク-設定編-

コード -- 会場 NOS
期間 2日間 時間 10:00~16:30
形式
  • 講義
  • 演習
受講料金 別途お見積

目的

IPルータを実際に設定・確認することで、構築・運用スキルを習得します。
基本的なIPルータの設定・確認方法を習得することで、シスコルータを使用した構築作業や設定の変更、状態の確認等の運用・保守の実作業に役立てることができます。自社・組織で既に導入運用されているルータを自由に触ることはなかなかできません。
このコースでは、IPルータの初期設定から、「RIP」「OSPF」を使用したルーティング設定、フィルタリング機能の追加を行い、通信や状態の確認を行います。

 ・ ルータのホスト名や、パスワード保護等の基本設定が出来るようになります。
 ・ スタティックルート、RIP、OSPFで設定に必要な情報を理解し、設定コマンドを習得し、設定した内容がどのように動作に反映されるのかを確認することができるようになります。
 ・ アクセスリストを使用したパケットフィルタリング機能について学習し、実装すべき場所、方向、条件等を検討できるようになります。

対象

・ シスコ製品サポート担当の方
・ ネットワークの構築・運用・保守を担当するシステムエンジニアの方
・ シスコルータのオペレーションを基礎から学習したい方
・ シスコルータの基本的な設定から状態確認までを実機を使用しながら操作したい方

前提

・ 「ネットワーク基礎」、「ルータ・ネットワーク-入門編-」各コースを受講済み、もしくはIPアドレスとルーティングプロトコルに関する基礎知識をお持ちであること。

 ・ 基本的なネットワーク用語を理解している
 ・ OSI階層モデルについて理解している
 ・ IPアドレス/サブネットマスクの基本的な役割を理解している
 ・ ルータのルーティングテーブルの役割を理解している
 ・ ルータがどの様にパケットを転送していくのか、その基本的な役割を理解している
 ・ スタティックルーティングやダイナミックルーティング、デフォルトルートについて基本的な役割・相違点を理解している

詳細

[1] IPルーティング
  - ルータ概要
  - ルーティング

[2] Cisco ルータ概要
  - Cisco IOS 概要
  - Cisco ルータのメモリ構成

[3] Cisco ルータの設定方法
  - Cisco ルータへのアクセス方法
  - 基本操作
  - 設定方法
  
[4] Cisco ルータ基本設定
  - ホスト名の設定
  - パスワードの設定
  - SNMPエージェントの設定
  - その他環境に応じた基本設定

[5] Cisco ルータ インターフェイスの設定
  - インターフェイスサブコマンド
  - IPアドレスの設定
  - インターフェイスのShutdown解除
  - その他の設定

[6] Cisco ルータ ルーティングの設定
  - スタティックルート
  - デフォルトルート
  - ダイナミックルーティング
    ・RIP
    ・OSPF

[7] ACL(アクセスコントロールリスト)
  - ACL概要
  - フィルタリング
  - 標準IP ACL
  - 拡張IP ACL
  - 名前付きIP ACL

お問い合わせ窓口へ

Network Academy
pagetop