クラウドサービス基盤アーキテクチャ概要 -高度非機能要件を満たす基盤作り-

コード -- 会場 TJ
期間 2日間 時間 9:30〜16:30
形式
  • 講義
  • 実習
受講料金 別途お見積

目的

クラウドサービスでは、一般的なWeb基盤とは異なる特殊な要件が求められます。このコースでは、クラウドサービスだからこそ求められる高度な要求と適用可能な技術や技法を具体的に紹介します。また、データベース、ネットワーク、アプリケーションの全てを横断し、非機能要件を担保するクラウドWeb基盤の知識体系を整理して提供します。

対象

・Web開発者
・基盤開発者
・運用部門エンジニア

前提

・Web、HTTP等に関する一般的な知識を有すること

詳細

[1] クラウドサービスに求められる基盤要件
- クラウドサービスの特殊性
- クラウドサービスに求められるもの
- 3つの技術分野と5つの非機能要件
- クラウド基盤の知識体系(BOK)

[2] 利用性要件に関する技術
- 伝送遅延とユーザー体験
- HTML5
- ブラウザ互換性
- マルチサイトシングルサインオン

[3] セキュリティ要件に関する技術
- アイデンティティ認証
- プライバシーポリシー策定

[4] 信頼性要件に関する技術
- RDB/ストレージ多重化
- ネットワーク多重化
- システムテスト手法

[5] 性能要件に関する技術
- キャッシュ及びキューイング
- RDBのチューニング
- 分散KVS

[6] 運用拡張性要件に関する技術
- データストアのスケーラブル設計
- 無停止サービス運用と計画停止
- 仮想化技術の活用
- ステートレスシステム設計

お問い合わせ窓口へ

Network Academy
pagetop