Windowsシステム管理の自動化 -Windows PowerShellを使用した効率的な管理-

コード -- 会場 TJ
期間 1日間 時間 9:30〜17:00
形式
  • 講義
  • 実機演習
受講料金 別途お見積

目的

Windowsシステム環境の管理・保守運用には、単純な反復作業が多くあります。一方では、管理すべきシステムの状態に応じて、適切な操作を正しい順序で行わなければならない複雑な作業もあります。
Windows PowerShellは煩雑なシステム管理作業を自動化するために設計されたWindowsの次世代コマンド言語(シェル)です。Windows PowerShellは対話的な操作ができ、バッチ処理よりも柔軟なスクリプト言語機能を持ちます。
本コースでは、さまざまなシステム管理作業をWindows PowerShellを使用して自動化し、安全にかつ確実に実行するための方法を修得します。

対象

・ Windowsシステム管理者
・ .NET アプリケーション開発者
・ Windowsシステム構築プロジェクト関係者

前提

・ 基本的なWindowsシステムの管理ができる
あるいは
・ 「Windows Server 2008システム管理基礎(前編)」(MSC0206G)受講済みと同程度
・ 「変数」「繰り返し」「条件判断」の意味を理解している
あるいは
・ 「プログラミング入門」(PR0083CG)受講済みと同程度

詳細

[1] Windows PowerShell 基本オペレーション   - PowerShell の特徴
  - コマンドレット操作
  - オブジェクト操作のためのコマンドレット
  - PowerShell環境のカスタマイズ
  - PowerShell 基本文法

[2] システム情報の収集
  - イベントログ情報の収集
  - WMI オブジェクトを使用したシステム情報の収集

[3] ファイルシステム管理
  - フォルダとファイルの操作
  - ACL管理
  - 共有管理

[4] Active Directory 管理
  - Active Directoryの基礎
  - Active Directory PowerShell

お問い合わせ窓口へ

Network Academy
pagetop