It is the top of the page

Link for moving within the page
To text (c)

このウェブサイトではサイトの利便性の向上のためにクッキーを利用します。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用にご同意いただきますようお願いします。
お客様のブラウザの設定によりクッキーの機能を無効にすることもできます。詳細はこちら

The main part starts here.

  1. サービス
  2. ライフサイクルサービス

脆弱性管理支援サービス

ライフサイクルサービス
サービス
セキュリティ

脆弱性管理支援サービスとは

ネットワンシステムズの脆弱性管理支援サービスは、パブリッククラウド上の脆弱性管理を実現するための統合プラットフォームであるtenable.ioから情報資産の脆弱性等を検出するスキャナツールであるNessusスキャナを通してお客様環境の資産及び脆弱性の可視化を実施します。

可視化した資産及び脆弱性に関する情報は、定期的にレポートを作成の上、お客様へ提供します。

脆弱性管理支援サービス全体像

サービスの特長

脆弱性管理とは、保有資産の把握、資産に潜む脆弱性の検知、脆弱性に係る対処の優先度付け、脆弱性の対処及び対処の進捗を把握することを指します。この一連のライフサイクルを通じて、システムの健全性を保つことがセキュリティ対策において重要になります。

脆弱性管理支援サービスでは、お客様が脆弱性管理のライフサイクルを円滑に回すための支援を実施します。

サービスメニュー

サービスメニュー一覧 提供時間 実施頻度 概要
初期導入作業

初期導入作業

平日
(9:00-17:30)
初回導入時
  • tenable.ioの設計、構築を実施
  • tenable.ioテナントとログインアカウント作成

サービス導入

平日
(9:00-17:30)
初回導入時
  • サービス導入設計を行い、tenable.ioのスキャン設定を実施
  • 統合サービスポータルのアカウント作成

運用メニュー

基本メニュー

アセット管理

(資産可視化)

24時間365日 週次、月次、四半期ごと ※1
  • ネットワーク上に存在するハードウェア、ソフトウェア資産の可視化を実施
脆弱性可視化 24時間365日 週次、月次、四半期ごと ※1
  • プラットフォーム、Webアプリケーションスキャンを実施し、統合サービスポータルを介して簡易レポートを提供
定期チューニング 平日
(9:00-17:30)
月次
  • 必要に応じて、グルーピング、スキャンジョブ及び脆弱性の重大度見直し等の設定変更を実施
サービス管理 平日
(9:00-17:30)
月次
  • tenable.ioやNessusスキャナの稼働状況の確認・管理を実施
緊急スキャン 平日
(9:00-17:30)
随時
  • 緊急度が高い脆弱性に対して個別にリリースされるスキャンポリシーを用いてスキャンを実施
サービスデスク 平日
(9:00-17:30)
随時
  • 統合サービスポータルを介して、サービスに関するご質問(製品Q&A含む)の受付、問い合わせ対応を実施
脆弱性管理レポート ※2 平日
(9:00-17:30)
月次、四半期ごと
  • 可視化された資産情報や脆弱性可視化結果をまとめたカスタムレポートを作成
  • 統合サービスポータルを介して、カスタムレポートを提供

報告会 ※3

平日
(9:00-17:30)
月次、四半期ごと
  • 当社の専門家がお客様先に訪問、又はテレビ会議システムを介し、脆弱性管理レポートを基にスキャン結果の説明、お客様に対してのセキュリティ上のアドバイス、及びスキャン結果の内容に関する質疑応答を実施
オプションメニュー

スキャン導入支援

(追加分)

平日
(9:00-17:30)
初回導入時
  • 5台を超えてNessusスキャナを導入される環境の場合、それに伴うtenable.ioのスキャン設定を実施

脆弱性可視化

(構成監査/コンテナ/マルウェア)

24時間365日 週次、月次、四半期ごと ※1
  • クラウド構成監査、OS構成監査、ミドルウェア構成監査、コンテナスキャン、マルウェアスキャンを実施
  • 統合サービスポータルを介して、各簡易レポートを提供(コンテナスキャンは除く)
可視化結果差分チェック ※4 平日
(9:00-17:30)
週次、月次、四半期ごと ※1
  • 脆弱性可視化を実施後に、前回実施結果との差分確認を行い、統合サービスポータルを介して差分情報を提供

※1:お客様のご要望にあわせて実施頻度を決定します。

※2:選択制となります。

※3:選択制となります。脆弱性管理レポートの選択も必須となります。

※4:基本メニューに含まれる脆弱性可視化のみが対象となります。

価格

初期設計・構築 ¥3,000,000〜(※)
サービス導入 ¥4,500,000〜(※)
基本メニュー ¥992,000〜/月(※)

 ※ 上記の価格は参考価格となりますので、詳細につきましては以下のフォームにお問い合わせください。

Webからのお問い合わせはこちらから

次のようなお客様にオススメです

    • 保有又は利用している資産に潜む脆弱性等を可視化することでセキュリティリスクを低減したい

    • 保有又は利用している環境に存在する資産を正確に把握したい
    • ご担当者様に専門知識が無く定期的なセキュリティ診断をアウトソースしたい
    • 検出した複数の脆弱性に対して、対処すべき優先度を把握したい

サービス導入の流れ

1

ヒアリング

ヒアリングシートに必要情報をご記入いただきます。

2

初期設計・構築

tenable.ioの設計・構築を実施します。

3

サービス導入

tenable.ioのスキャン設定は、初期設計・構築で決定した内容に基づいて設定を行います。

4

サービス開始

資産の可視化や発見された脆弱性への対応優先度提示等のサービス提供を実施します。

ラインナップ

サービスを検索する

タグで検索