7/12開催 NetOneインダストリアルIoTセミナー ~大阪会場~

大阪会場 開催概要

開催日時 2018年7月12日(木)13:30-17:00(受付13:00開始)
会場 ナレッジキャピタル カンファレンスルーム
(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB10階)
https://www.kc-space.jp/accessmap/conference/#jump

申込方法

お申し込みはこちら

※参加費は無料です。事前のお申込みをお願い致します。
※競合他社様からのお申込はお断りしておりますのでご了承ください。
※お申込み締め切りは7月10日(火)17:00までです。

アジェンダ

13:30-13:35 ご挨拶

ネットワンシステムズ株式会社
取締役 常務執行役員 西日本事業本部長
平川 慎二

13:35–14:25
過去3年間の実績・知見を体系化した製造業向けIoTソリューションとは

ネットワンシステムズ株式会社
市場開発本部 ICT戦略支援部 市場戦略支援第2チーム
黒田 宜範

【講演概要】
 IoTやAIのテクノロジの投入によりスマートファクトリ-化を目指す製造業が増えています。主な狙いは「現場の見える化」「トレサビリティ」「兆候管理」ですが、生産現場には様々な課題や固有の特性があるためその達成は容易ではありません。我々が3年間培ってきたのは、漠然としたコンセプトだけでは解決できない具体的な実装手法です。

 現場設備やIoTデバイスを安全にネットワークにつなぎ、中立的な立場でお客様のスマートファクトリー化を支援するインダストリアルIoTソリューションをご紹介いたします。

14:25-15:25【パートナー企業セッション】
<日本の強みを活かす”新しいIoTの仕組み”を提案する>
データレイクを作ってはいけない!日本企業が第四次産業革命を生き抜く道

株式会社smart-FOA
代表取締役社長
奥 雅春 様

【講演概要】
 ここ数年来のIoT、AIブームの中、製造現場には膨大なデータが溜まってきた。そして、”日本の製造業の強みはこの大量のデータが現場にあることだ”と政府もいう。しかしながら、「現場が」「本社が」それらのデータを活用し、成果を上げたという話は実のところ、あまり聞かない。

 この講演では、IoT(現場)データを活用し、「現場力」を、延いては「企業全体の力」を確実に上げていく方法について、弊社の生い立ちから話をはじめ、”事実情報システム”という新しいIoTの仕組みをご提案したい。

15:25-15:45 休憩

15:45-16:35
事例で分かる!「生産設備をつなげて見える化」

ネットワンシステムズ株式会社
市場開発本部 ICT戦略支援部 市場戦略支援第2チーム
竹内 智子

【講演概要】
 弊社では、OA基盤システムで培った設計・構築・運用経験を制御システムにも展開し、工場の生産設備の安全なネットワークをデザインすることで、お客様のスマートファクトリー化を支援してまいりました。

「生産設備をつなげて見える化する」言葉にすると短いですが、決して簡単なことではありません。

 本講演では、「多数の生産設備をどうやってつなげるのか?」「セキュリティ対策って何をすればいいのか?」「どうやってデータ収集、データ活用するのか?」といったお客様の課題解決のヒントとなる弊社IIoT構築事例を具体的に紹介します。

16:35-16:55 質疑応答

16:55-17:00 閉会のご挨拶

ネットワンシステムズ株式会社
理事
市場開発本部長
松本 陽一

開催概要TOPに戻る

イベント/レポート

pagetop