使ってみなければわからない!~クラウド時代の” XX “シリーズ ~
第4回:クラウド時代のマルチクラウド対応とは

このたび弊社では、「使ってみなければわからない!クラウド時代の” XX “シリーズ」と題し、金融業界に関わる皆さまに向けて、全4回にわたるクラウド利活用セミナーを開催しております。

最後となる第4回は、ヴイエムウェア株式会社ご協力のもと、「クラウド時代のマルチクラウド対応とは」をテーマに、業務改善に役立つ最先端の情報をご紹介いたします。

ご多忙の時期とは存じますが万障お繰り合わせの上ご参加賜りますようお願い申し上げます。

開催概要

開催日時 2019年1月30日(水) 15:00-18:30(14:30受付開始)
会場 ステーションコンファレンス東京
(東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー)
https://www.tstc.jp/tokyo/access.html
主催 ネットワンシステムズ株式会社
協賛 ヴイエムウェア株式会社
定員 30名
対象者 金融業界に関わる皆さま

申込方法

お申し込みはこちら

※参加費は無料です。事前のお申込みをお願い致します。
※競合他社様からのお申込はお断りしておりますのでご了承ください。
※申込多数の場合は抽選とさせていただきます。
※お申込み締め切りは1月28日(月)17:00までです。

アジェンダ

※講演内容については一部変更となる場合がございます。

15:00-15:05 ご挨拶
15:05-15:35 マルチクラウドが抱える課題を理解して、クラウドシフトを進めるには?
ネットワンシステムズ株式会社
東日本第1事業本部 第2営業部
小森 隆一郎

AWS、O365など用途に応じて様々なパブリッククラウドを利用するマルチクラウドの時代となり、また、クラウドシフトに向けてパブリッククラウドの利用が拡大し続けていますが、その一方でマルチクラウドが抱える「ネットワーク、セキュリティ、運用」の課題に対して本格的に向き合う必要が出てきました。

本セッションでは、マルチクラウドの課題を整理し、そして、クラウドシフトを進めるための考え方をご紹介いたします。

15:35-16:05 既存資産をいかし、運用効率に優れたマルチクラウド環境を実現する方法とは?
ヴイエムウェア株式会社
パートナーSE本部、パートナーSE部
シニアシステムエンジニア 七澤 壮君

金融業界におけるパブリッククラウドの利用は拡大し続けており、パブリッククラウドへのシステム移行が急速に進む中、クラウド利用によるセキュリティリスク増大など新たな課題も多く発生しております。
本セッションでは、VMware が新たに提供するクラウドサービスであるVMC on AWS、NSX SD-WAN by VeloCloudをベースに既存の仮想基盤を最大限にいかし、セキュアかつ効率的なマルチクラウド環境を実現するための方法をご紹介いたします。

16:05-16:20 休憩
16:20-16:50 ネットワンのマルチクラウドソリューション
ネットワンシステムズ株式会社
ビジネス推進本部 商品企画部
森田 晃章

マルチクラウド環境のネットワークは、設定の統一化ができずに非常に複雑になっており、複雑であるがゆえにガバナンスが効かず、セキュリティリスクが存在する状況となっております。
本セッションでは、マルチクラウド環境におけるガバナンスを一本化し、自動化、および、簡素化によるマルチクラウド環境の運用ソリューションをご紹介いたします。

16:50-17:20 金融業界におけるVMware 最新事例のご紹介
ヴイエムウェア株式会社
エンタープライズ営業本部 金融営業部

すでに多くのお客様がパブリッククラウドへの移行を検討されている中、クラウド移行後のインターネット接続において、トラフィック量の増大やO365を始めとする様々なアプリケーション利用による経路制御に対するポリシーの再検討といった新たな課題を懸念されるお客様も多くございます。
本セッションでは、金融業界におけるVMwareの最新事例をもとに、マルチクラウド環境におけるセキュリティとネットワークコントロールの必要性をご紹介いたします。

17:30-18:30 フォローアップMtg
「使ってみなければわからない!クラウド時代の” XX “シリーズ」全日程はこちら

イベント/レポート

pagetop