ネットワンが提唱する”SD-HCI”とは何か?

ビジネス推進本部 商品企画部
クラウドプラットフォームチーム
島田 新五

 

背景

2016年から『デジタルトランスフォーメーション』と言う言葉を頻繁に耳にするようになりました。日本でもそれに対する活動が活発化してきています。その影響で、現在エンタープライズ・データセンターには大きな変革を求められています。データセンターは旧来 ICTサービスの提供機関 というポジションでしたが、現在ではデジタルトランスフォーメーションにより、IoT、AI、BIG-DATA、VRなど様々なデジタル技術を用いた 多種多様なステークフォルダとの接続点 へと変化しており、ここで求められる迅速性や初期投資の削減を求めてパブリック・クラウドを活用するケースが増えています。その一方で重要機密データの管理や、運用コストを含めたTCOの抑制を考慮するとオンプレミス型のプライベート・クラウドの存在も無視できません。

図2

このようにプライベートおよびパブリックの2つのクラウドシステムはそれぞれ長所と短所がある為、全てのICTインフラプライベート・クラウドもしくはパブリック・クラウドのどちらか一方だけを採用するのは現実的ではなく、システムに求められる用途や要件を理解した上でデータやアプリケーションの特性に合わせて双方のクラウドを使い分ける、ハイブリット・クラウドを採用する事により、エンタープライズ・データセンターをよりパワフルなビジネス基盤をする事が可能です。
ハイブリッド・クラウドは2つのクラウドの双方の特徴を有す一方で、構成が複雑になる為、容易に利活用する事は現状では困難です。それらの課題の解消を目的に設計したのが、ネットワンシステムズが提唱しているのが『SD-HCI(= Software Definded – Hyper Converged Infrastructure』という概念です。

SD-HCIとは

デジタルトランスフォーメーションが進む中、ハイブリット・クラウドを採用したICTインフラが抱えている課題にはどのようなものがあるのでしょうか?

ICTサービを提供するLOB(=事業実施部門) では迅速性や初期投資額の低額化をを求めてパブリック・クラウドの活用を求めます。これによりLOBの目的は達成出来る一方で、システム管理者は、システム運用性、データ・ガバナンス、運用コストを含めたTCOを検討する全てが好ましいものではありません。
このようにユーザー企業は課題を抱えていますが、これらの課題を解決するための一つの方法として、HCI(=Hyper Converged Infrastructure)という概念です。昨今ではHCIは世の中で知名度も向上していますが、現在市場にリリースされているHCIではプライベートに閉じたインフラとなりますので、その範囲で解決できる課題は限定的です。
本来であれば、ハイブリッド・クラウド環境下ではパブリック-プライベート双方のクラウド間のセキュリティ、コネクティビティ、パフォーマンスのポリシー統一や、システムの拡張に応じて使い分けて使用することで初期投資を抑える等の機能が必要になりますので、ネットワンシステムズではこれらの機能を満たし、下記の表にあるお客様の課題を解決するアーキテクチャーとして、『SD-HCI』を提唱し、御客様の課題解決に臨みたいと考えています。その一例を下記表に記します。

HCIとSD-HCIの解決する課題表
図1

まとめ

ネットワンが提唱するSD-HCIは、現在ユーザー企業がICTインフラに対して抱えている課題を、こうあるべきというアーキテクチャー、および導入から運用へのライフサイクルに合わせたサービス、の2つの方法で解決していきます。また、ユーザー企業がハイブリッド・クラウド構成を含むICTシステムを導入するライフサイクルのそれぞれのフェーズ、計画、設計構築、運用、最適化(変更、拡張)において、サポートできる機能をサービスとして提供していき長期にわたりお客様のビジネス基盤を支えていきたいと考えています。
ライフサイクルをサポートする中で見えてくる、新たな課題に対しても対応できるように、柔軟かつ迅速にアーキテクチャーを向上させていきます。このためには皆様のご協力も不可欠ですので、皆様からの率直なご意見等もお待ちしております。

図1

最後に、今回はデータセンターパブリッククラウドを繋ぐハイブリッド・クラウド中心にお話しましたが、SD-HCIのコンセプトは データセンターに閉じているものではなく、キャンパスネットワークのあるべき姿とその向上もコンセプトに取り込んでいく予定です。
次回のコラムではSD-HCIにどのようにキャンパスネットワークを取り込みについて触れて参ります。

執筆者プロフィール

島田 新五
ネットワンシステムズ
ビジネス推進本部 商品企画部 クラウドプラットフォームチーム

ネットワン入社後 ロードバランサーの技術主幹を担当、その後営業部門に異動し エンタープライズ案件を担当、現在はマーケティング部門にてキャリア向けおよびキャンパスネットワークネットワーク製品、SD-HCIのビジネス開発を担当している。

イベント/レポート

pagetop