組織改編支える2.4ギガMAN VLANで 引っ越し作業を軽減

概要

  • 部門再編と本店移転に伴う数千人の配置転換に対応
  • 東京周辺の10拠点をSONETリングに直収
  • VLAN使い端末移動時のIPアドレス変更を不要に

みずほコーポレート銀行は自行動専用のMANを構築し、2002年12月から東京近辺の拠点を接続し始めた。夏までに10拠点を収容して“巨大LAN”を構築する。
組織改編による行員の配置転換やビル移転に伴う作業を軽減するのが目的だ。

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください(517KB)

Webからのお問い合わせ、ご質問はこちらから
お問い合わせ窓口へ

イベント/レポート

pagetop