ニュースリリース ネットワンシステムズ、大手外資系製薬企業の日本法人グループのユニファイドコミュニケーションシステムを仮想環境上で統合し、サーバ台数、保守費用共に大幅に削減

ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行、以下、ネットワンシステムズ)は、3月16日、大手外資系製薬企業の日本法人であるベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社の依頼に応じ、同社グループ社員が利用するユニファイドコミュニケーション(UC)システムを仮想環境上で統合した旨、発表しました。
これにより、ネットワンシステムズは従来の物理サーバ上でUCシステムを稼働させていた環境と比べて、ベーリンガーインゲルハイム ジャパン グループのサーバ台数を約73%、保守費用を約60%と大幅な削減を実現しました。またグループで同一のUCシステムを導入することで、相手の状況に合わせて最適なコミュニケーションツールが使用できる環境を構築しました。さらに、仮想環境のメリットを生かし、物理サーバを追加することなくビジネス要件を短期間で実装可能な柔軟な環境を構築しました。

今回構築したUC基盤は、シスコシステムズ社製サーバ「Cisco Unified Computing System」(以下、Cisco UCS)およびヴイエムウェア社製仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」上で、Cisco UCシステムを稼動させた「UC on UCS(Unified Communications on Unified Computing System)」です。

今回構築したUC基盤の概略図

拡大表示

導入の背景

ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社は、2011年4月からの同社グループの新体制への移行に伴い、グループ企業間のUCシステム統合によるTCO(Total Cost of Ownership:総保有コスト)の削減および業務の効率化を目指していました。この要件に対してネットワンシステムズは、「UC on UCS」による構成を提案し、採用されました。

ネットワンシステムズがUCおよびCisco UCSに対する高度な技術をもち、ネットワークを含めた高度な仮想データセンター構築実績をもつ点、そして、ネットワンシステムズの大規模な技術研究・検証施設であるテクニカルセンターでシステム環境を再現した事前検証が可能な点が評価されました。

ネットワンシステムズ株式会社について

ネットワンシステムズ株式会社は、常に国内外の最先端技術動向を見極め、ネットワーク領域とプラットフォーム領域において、自ら検証した製品に高品質な技術サービスを付加することによって、お客様のビジネス成功を目的として、生産性を高め、簡便に利活用できるIT基盤ならびにコミュニケーションシステムを提供している企業です。

技術研究やシステムの稼働検証を行うテクニカルセンター、製品の入出荷検査を行う品質管理センター、遠隔でシステムの監視・運用を行うエキスパートオペレーションセンター(XOC)、保守部材の品質検査を行うサービス品質センター、技術者教育サービスを提供するネットワークアカデミーなど、グループ全体で充実した事業基盤を保有し、高信頼性・高付加価値ソリューションを提供しています。(設立:1988年2月、売上高:1,308億57百万円〔2011年3月期連結〕)

※NetOneSystems、ネットワークアカデミー、ロゴはネットワンシステムズ株式会社の登録商標です。その他の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先
ネットワンシステムズ株式会社 広報室
Tel: 03-5462-0772
E-mail:media@netone.co.jp
本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先
ネットワンシステムズ株式会社  広報室 Tel:03-5462-0772 E-mail:media@netone.co.jp
E-mail:mailto:media@netone.co.jp
Webからのお問い合わせ、ご質問はこちらから
お問い合わせ窓口へ

最新の情報

pagetop