ニュースリリース ネットワンシステムズ、SGシステムの外部向けクラウド型物流サービス「Biz-BLUE」のクラウド基盤を構築

 ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行、以下ネットワンシステムズ)は、佐川急便をはじめとするSGホールディングスグループにおけるIT・システム事業の中核企業であるSGシステム株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長 安延 申、以下、SGシステム)が新たに開発した外部向けクラウド型物流サービス「Biz-BLUE」のクラウド基盤を構築しました。

 今回構築したクラウド基盤は、L3スイッチにシスコシステムズ社製データセンタースイッチ「Cisco Nexus」(以下、Cisco Nexus)、シスコシステムズ社製サーバ「Cisco Unified Computing System」(以下、Cisco UCS)、ヴイエムウェア社製仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」およびEMC社製ストレージ「EMC VNX」にて構成され、クラウド基盤に最適化されたシステム構成となっています。

導入の背景と要件

 SGシステムは、SGホールディングスグループのIT・システム事業の中核企業としてグループの情報システムやネットワークを支える会社として発展してき ました。今回、そのノウハウを活かして、これまで開発してきたプライベートクラウド基盤上の物流システムを、利便性を損なわず、誰もが手軽に利用できるこ とを目指して、開発されたのが外部向けクラウド型物流サービス「Biz-BLUE」です。

 「Biz-BLUE」は、外部向けクラウド型物流サービスとして提供するため、新たなクラウド基盤の構築が必要でした。そのクラウド基盤に求められた要件は下記の通りです。

今回の構築にあたっての要件

  • 将来的な拡張方式として、スケールアウトを前提とすること
  • 信頼性、高いセキュリティが確保できること
  • 「Biz-BLUE」のリリース時期が予め決まっていたため、その日程までに構築を終えること

 スケールアウトの利点として、サーバやストレージを追加するだけでシステムの増強が可能となり、拡張を容易にできる点が挙げられます。一方、サーバやストレージの台数が増えることでシステム全体の構成が複雑化してしまい、運用管理コストが増加するという課題があります。

 この要件と課題に対して、SGシステムは複数のベンダーにRFPを提示し、最適な提案を求めました。その結果、高いレベルで要件を満たし、課題に対しても明確な解決策を提示したネットワンシステムズを選択しました。ネットワンシステムズが、当初SGシステムが考えていたシステム構成を上回る提案をおこなった事に加え、SGシステムに対して技術研究やシステムの稼働検証を行うテクニカルセンターへの見学や新規導入製品に対する説明会を通じて、高い技術力を示したことが選定の理由となります。

ネットワンシステムズの提案とその効果

 ネットワンシステムズはCisco Nexus 、Cisco UCS、VMware vSphere、EMC VNXを組み合わせ、ネットワーク、サーバ、ストレージそれぞれを仮想化によって統合されたクラウド基盤の提案を行いました。システム全体を仮想化で統合することにより、サーバだけスケールアウト型のメリットを活かしつつ、システム全体の物理的な機器台数をおさえることでシステム構成をシンプルに構築できます。

 Cisco UCSをシステム構成の中心に置くことで、ネットワークとサーバを融合し、システム全体の仮想化を実現させました。その導入効果として、可用性、運用管理の面において、Cisco UCSが提供するケーブリングの簡素化や、Cisco Nexusによるネットワークとストレージアクセスの集約化によって、システム全体の構成やケーブル配線をシンプルにまとめ、運用担当者の負荷を軽減させました。

 Cisco UCSはSGシステムにとって初めて導入する製品となるため、運用者の知識やスキルに不安を抱いていました。これに対して、ネットワンシステムズは独自の教育プログラムを組み上げ、運用管理担当者へスムーズな技術の移管をする事で、SGシステムが抱いていた不安を解消しました。さらに、今回プロジェクト全体が短期間での構築となっていたため、「Biz-BLUE」で提供するアプリケーションの検討と同時並行でクラウド基盤の構築を進めていました。そのため、アプリケーションの仕様によって、これまで設計構築してきたシステム基盤の設定変更をおこなう必要が出てくるなど、後戻りの発生がありました。そのようなタイトなスケジュールにおいても、期限内に構築を完了するために、ネットワンシステムズはスケジュールをまとめ上げ、プロジェクト全体の遅延を最小限に抑え、構築を完了させました。
 このようにシステムの提案だけではなく、システム構築後の運用を考えたサポート力に加え、プロジェクトマネージメント力を発揮し、タイトなスケジュールや突然の後戻りが発生する状況においても、期限内にプロジェクトを完遂させたネットワンシステムズに、SGシステムは高い評価を示しています。

システム構成図

お客さまからのコメント

 今回のクラウド基盤構築について、SGシステム株式会社 グローバルITサービス事業部 クラウドテクノロジー 担当部長 荒瀬淳一氏は、次のように述べています。「Biz-BLUEは、物流業界をメインターゲットとするクラウドサービスですが、倉庫内の荷物の移動を追跡する倉庫管理システムや車両管理システムなど、他業種への展開も考えおり、第一弾として、2011年10月より荷物追跡システム『トラッキングマネージメントシステム』の提供を開始しました。
 今回構築したシステムは、障害が発生しても停止することなくサービス継続可能な可用性、利用者の増加に対して柔軟に増強可能な拡張性が必要となります。今後のサービス展開に合わせて、ネットワンシステムズには、さらなるサポートをお願いしたいと考えています。」

SGシステム株式会社について

SGシステム株式会社は、佐川急便株式会社の「全国貨物追跡システム」の開発を機に、1983年に設立された「佐川コンピューター・システム株式会社」を前身としています。2010年には、社名を「SGシステム」と改め、物流インフラを担うSGホールディングスグループにおける「ITの中核企業」として発展しました。グループが取り扱う貨物は、最大で1日500万個を超え、同社システムを利用するお客様は全国で70,000社を超えます。更に、今年度からグループ内、あるいは公的分野で培った技術と経験をより広く提供するため最先端のIT技術を駆使した「物流クラウドサービス:Biz-BLUE」、「物流ソリューションをトータルに提供するソフトウェア製品:Biz-Logiシリーズ」など、新たな製品・サービスを提供していく予定です。

SGシステム株式会社

ネットワンシステムズ株式会社について

ネットワンシステムズ株式会社は、常に国内外の最先端技術動向を見極め、ネットワーク領域とプラットフォーム領域において、自ら検証した製品に高品質な技術サービスを付加することによって、お客様のビジネス成功を目的として、生産性を高め、簡便に利活用できるIT基盤ならびにコミュニケーションシステムを提供している企業です。
技術研究やシステムの稼働検証を行うテクニカルセンター、製品の入出荷検査を行う品質管理センター、遠隔でシステムの監視・運用を行うエキスパートオペレーションセンター(XOC)、保守部材0の品質検査を行うサービス品質センター、技術者教育サービスを提供するネットワークアカデミーなど、グループ全体で充実した事業基盤を保有し、高信頼性・高付加価値ソリューションを提供しています。(設立:1988年2月、売上高:1,308億57百万円〔2011年3月期連結〕)

  • ※ NetOneSystems、ネットワークアカデミー、ロゴはネットワンシステムズ株式会社の登録商標です。その他の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先
ネットワンシステムズ株式会社  広報室 Tel:03-5462-0772 E-mail:media@netone.co.jp
E-mail:mailto:media@netone.co.jp
Webからのお問い合わせ、ご質問はこちらから
お問い合わせ窓口へ

最新の情報

pagetop