ニュースリリース ネットワングループの消費電力25%削減を目標とした夏期節電対策について

 東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地が一日も早く復旧・復興することを心よりお祈り申し上げます。

 ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行)は、東京電力、東北電力の電力供給区域内の事業所において、昨年夏期のピーク時に対する消費電力量を25%削減することを目標とし、以下の節電対策を決定いたしました。

オフィス・エリアにおける節電対策

 オフィス・エリアにおいて、以下の節電対策によって、20%の消費電力削減を図ります。

  • 当社は本年4月よりテレワーク制度を開始しております。この制度の利用を、自宅や外出先などのオフィス外においてもオフィスと同等のPC環境やコラボレーション環境が実現できるICTシステムの利活用と組み合わせて促進することによって、PC等の消費電力の削減、および、空調負荷の削減を図ります
  • (※2011年9月8日修正:上記節電対策につきまして、オフィス・エリア単体では節電効果が見込まれますが、自宅や外出先などのオフィス外では、その分の消費電力が増加するため、節電対策からは削除いたしました)

  • 照明の間引きや会議室利用後の消灯の徹底、また、使用していないオフィス・エリアの消灯によって、昨年比約30%の照明電力の削減を図ります
  • コピー複合機の一部停止や、冷蔵庫の温度調整を実施します
  • 拠点のオフィス・エリア内にある業務用サーバをデータセンターに移設します

 また、クールビズの適用期間を従来の6月~9月から5月~10月へと2ヶ月拡大し、空調設定温度を28度にします。(但し、本社入居ビルは地域冷暖房であり、主な使用エネルギーが電気ではないため、空調節電効果は限定的です)

テクニカルセンター(検証センター)、及び、品質管理センターにおける節電対策

 お客様に提供するICTシステムの検証を行うテクニカルセンター、および、製品の受入時・出荷時の検査を行う品質管理センターでは、空調と機器電源が消費電力の多数を占めています。これらの拠点において、業務に影響を与えないように作業環境の維持を図りつつ、以下の節電対策によって、27%の消費電力削減を図ります。

  • 作業エリアに個別空調を追加することで、フロア全体の室内設定温度を高く設定します
  • オフィス・エリアから遠隔操作で検証機器電源のOn/Offを制御できる仕組みを導入することで、検証作業対象外の機器の電力を削減します

データセンターへの社内用システム機器統合による節電対策
(節電目標値 対象外項目※)

  • ※ 本項目で記載するデータセンターの使用電力について、データセンターは電気事業法第27条に基づく使用制限の制限緩和対象となっているため、当社目標 の25%の消費電力削減の対象外としております。しかし、電力の需給ギャップ解消に貢献するために節電対策の対象としているため、以下に対策内容について 記載しております。

 当社はデータセンター事業者のコロケーションサービスを利用し、社内用システムのサーバやストレージなどを設置しています。昨年よりサーバの仮想化やストレージの統合を積極的に進めており、社内用システムのサービスレベルを維持・向上させつつ機器台数を削減することによって、昨年度末の時点ですでに、仮想化・統合の対象機器における消費電力を従来の80%以上削減しています。
 本年度は、全社的な電力利用の効率化を図るため、前述の拠点オフィス・エリア内にある業務用サーバをデータセンターへと統合します。仮想化に適さないサーバは物理的に増設となるものの、仮想化が可能なサーバに対しては機器台数を削減します。また、予備用途のサーバを停止することによって、結果3%には留まりますが、社内用システムにおける消費電力削減を図ります。

 また、節電のために会社休日の変更や勤務時間のシフト等の対策をとられているお客様各社よりの、業務対応時間のシフトのご要望等についても個別にご相談させて頂きながら、節電目標25%の達成を図ってまいります。
 ネットワングループは、今後も電力情勢や社会情勢を注視し、お客様へのサービスレベルの維持・向上を考慮しつつ、必要に応じて更なる追加節電対策を検討・実施してまいります。

ネットワンシステムズ株式会社について

ネットワンシステムズ株式会社は、常に国内外の最先端技術動向を見極め、ネットワーク領域とプラットフォーム領域において、自ら検証した製品に高品質な技術サービスを付加することによって、お客様のビジネス成功を目的として、生産性を高め、簡便に利活用できるIT基盤ならびにコミュニケーションシステムを提供している企業です。
技術研究やシステムの稼働検証を行うテクニカルセンター、製品の入出荷検査を行う品質管理センター、遠隔でシステムの監視・運用を行うエキスパートオペレーションセンター(XOC)、保守部材0の品質検査を行うサービス品質センター、技術者教育サービスを提供するネットワークアカデミーなど、グループ全体で充実した事業基盤を保有し、高信頼性・高付加価値ソリューションを提供しています。(設立:1988年2月、売上高:1,308億57百万円〔2011年3月期連結〕)

  • ※ NetOneSystems、ネットワークアカデミー、ロゴはネットワンシステムズ株式会社の登録商標です。その他の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先
ネットワンシステムズ株式会社  広報室 Tel:03-5462-0772 E-mail:media@netone.co.jp
E-mail:mailto:media@netone.co.jp
Webからのお問い合わせ、ご質問はこちらから
お問い合わせ窓口へ

最新の情報

pagetop