お知らせ マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)が 「情報セキュリティサービス基準」適合認定を取得

ネットワンシステムズが提供する「マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)」が、経済産業省の定める「情報セキュリティサービス基準」に適合すると認定され、情報セキュリティサービス基準適合サービスリストに登録されました。

「情報セキュリティサービス基準」とは

セキュリティ対策は、攻撃が高度化するに伴い、製品を導入するだけでは十分なセキュリティを確保できなくなってきています。新たな脅威に対処するために、製品の導入と併せて情報セキュリティの専門サービスを利用した対策が必要となってきています。

しかし、専門知識を持たないサービス利用者がサービス事業者を選定しようとしても、事業者が提供するサービスの品質を判断することは難しいのが現状です。

このような背景から、2018年2月に経済産業省から「情報セキュリティサービス基準」※ が 公開されました。
「情報セキュリティサービス基準」では、一定の技術要件及び品質管理要件を満たし、品質の維持・向上に努めている情報セキュリティサービスを明らかにするための基準が示されています。同省は、この基準を設けることにより、情報セキュリティサービス業の普及促進と国民が情報セキュリティサービスを安心して活用することができる環境の醸成を目的としています。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会(JASA)など審査登録機関が第三者の立場で情報セキュリティサービスを審査し、同基準に適合すると認められたサービスに関して、事業者の情報セキュリティサービス を「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」として掲載しており、これに当社セキュリティサービス(MSS)が登録されました。

※情報セキュリティサービス基準及び審査登録機関基準
http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/shinsatouroku/touroku.html(経済産業省)

対象サービス

情報セキュリティサービス台帳掲載サイト

https://sss-erc.org/monitoring
(JASA審査登録委員会ホームページ)

https://www.ipa.go.jp/security/it-service/service_list.html
(IPA情報セキュリティサービス基準適合リスト)

最新の情報

pagetop