事業継続・災害対策 ソリューション BC / DR 

事業継続・災害対策ソリューションBC/DR の特徴

近年、事業継続・災害対策の分野では、仮想環境をターゲットにしたソリューションが注目され始めてきております。

仮想環境での事業継続・災害対策には、物理環境と比較して、インフラコストを抑え、常時メンテナンスの運用負荷を軽減することが可能です。また、復旧を簡単な手順で実施することができるため、結果としてサービス停止時間を最小限に抑えリカバリ時間を短縮できるといったメリットがあります。

Active/Standbyデータセンターソリューションは、仮想環境をターゲットとし、被災した場合に仮想マシンを遠隔地のデータセンターで、少ないダウンタイムによりサービス継続させることが可能なソリューションをご提供します。また、Active/Activeデータセンターソリューションは、データセンター間で仮想マシンリソースが自由に移動することで、
利用効率の優れたソリューションとなっております。

Active/Standby データセンター ソリューション

構成の特徴

  • 災害対策された仮想データセンター
  • RPO数分レベル/RTO数時間レベルを目標にしたディザスタリカバリーが可能。
    高品質で無駄の少ないActive/Standbyデータセンター

ネットワークのポイント

  • ロードバランサを用い、Global Server Load Balancing機能を使用することでサイト切り替え時間を高速化することが可能。またサイトの完全ダウンのみでは無く、コンポーネント障害発生時にも切り替えを実施することが可能。

仮想化レイヤのポイント

  • VMware Site Recovery Managerの利用によって、従来手動での介入が必要だった、災害からの復旧作業を簡素化することが可能。

データ転送(保護)のポイント

  • 業務の復旧要件に応じて回線コストを抑えながら任意でかつ無制限のリカバリーポイント(RPO)を設定可能。VMware Site Recovery Managerと相互接続性の確立された同期/非同期機能をもつストレージが選定対象。

""

Active/Activeデータセンター ソリューション

構成の特徴

  • 仮想プライベートデータセンターで真のクラウドへ
  • これが次世代データセンターの”あるべき姿”データセンター間を仮想サーバが自由に行き来可能なActive/Activeデータセンター

ネットワークのポイント

  • データセンター間のリソースを最適化するために、フラットなレイヤ2ネットワークを構築し、複数データセンターを論理的に1つのデータセンターのように運用。ブロードキャストフラッディングの課題にも対応。

仮想化レイヤのポイント

  • フラットなレイヤ2ネットワークを利用することで、複数データセンター間で、Vmware HAによるフェイルオーバー保護や、vMotionによる仮想マシンリソースのオンライン移行が可能に。

ストレージのポイント

  • EMC VPLEXはデータセンター間で双方のサイトのVMware vSphereサーバが共通のデータとしてストレージリソースにアクセスすることを可能に。これによって、HAやvMotionの実現が可能。

事業継続・災害対策ソリューション(BC/DR)のコンポーネント

災害対策を実現するには、ネットワークレイヤ、仮想レイヤ、ストレージレイヤの設計ポイントがそれぞれ重要となりますので、専門分野であります当社にご相談ください。

ネットワンシステムズでは検証結果に基づきに最適なご提案をさせて頂きます。

ソリューション/
サービス

pagetop