ヘルスケア特設ページ

インタビュー記事  ニュースリリース  Artery  イベント情報

インタビュー記事

福井県済生会病院様 社会福祉法人 恩賜財団済生会支部
福井県済生会病院 様
福井県済生会病院は、2015年に仮想化基盤を導入し、ネットワンシステムズが
提案から構築、運用支援まで実施。
経緯や効果などを、医療情報課の塗茂(ぬしも)裕一課長と伊藤司氏に伺った。
大崎市民病院様 大崎市民病院 様
大崎市民病院は、2014年7月に新築・移転した。それに伴い、共通仮想化基盤を
構築し、現在、電子カルテシステムをはじめ、医療用画像管理システム(PACS)や
統合ファイリングシステムなど、16の医療情報システムが共通仮想化基盤の上で
稼働している。

ニュースリリース

多摩メディカル・キャンパス様 2017年9月26日
多摩メディカル・キャンパス 様
都内最大級の医療拠点「多摩メディカル・キャンパス」3病院の共通仮想基盤を構築。
物理サーバを8割以上削減し、投資コストと運用工数を効率化。
医療システムの性能を考慮した設計と仮想化技術の活用で、安定性・可用性を向上。
福井県済生会病院様 2015年10月6日
社会福祉法人 恩賜財団済生会支部
福井県済生会病院 様
福井県済生会病院の医療情報システム用の共通仮想基盤を構築。
セキュリティ強化のため、VMware NSXによる「マイクロセグメンテーション」を
採用。
大崎市民病院様 2014年12月22日
大崎市民病院 様
大崎市民病院の医療情報システムを稼働させる共通仮想化基盤を構築し、医療情報システムごとに異なっていたICT基盤を統合・集約。
更新対象の物理サーバを約9割削減し、全体最適化された医療ICT環境を実現。

ヘルスケア市場向けソリューション Artery®

Artery Artery®-VHI
ヘルスケア向け仮想化ソリューション
ヘルスケア市場向けにパッケージ化した、ネットワンのソリューション「Artery®-VHI」。
VHI(Virtual Healthcare Infrastructure™)というコンセプトを基に、お客様に最適なソリューションをご提案致します。

イベント情報

  第56回全国自治体病院学会 出展
2017/10/19,20 in 幕張メッセ
10/19(木)、20(金)に幕張メッセにて開催される「第56回全国自治体病院学会」に出展いたします。
ご多忙中とは存じますが、是非ともご来場頂きますようご案内申し上げます。

pagetop